県内ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

遊具の管理、ボランティア部に任せて 酒田光陵高、光ケ丘公園の一部担当へ

2017年06月20日 08:12
光ケ丘公園の遊具の管理などを担当する酒田光陵高ボランティア部の生徒たち。市から委嘱状が交付された=酒田市役所
光ケ丘公園の遊具の管理などを担当する酒田光陵高ボランティア部の生徒たち。市から委嘱状が交付された=酒田市役所
 酒田市の酒田光陵高(鈴木和仁校長)のボランティア部が、同校に隣接する光ケ丘公園の管理の一部を担当することになった。公園を管理する酒田市の指導を受けながら、遊具の安全点検や防腐塗装などの作業を手掛ける。15日に「公園スマイルサポーター」として委嘱状が交付された。同市が公園管理の一部を市民に委嘱するのは初めて。

 同校は2012年の開校以来、同公園やクロマツ林の清掃活動を全校生徒が参加して継続している。工業科もあることから、自分たちの技術を生かして地域社会に貢献することで社会人力を伸ばし、郷土愛を育んでもらいたいと、市が学校側に提案した。塗装の人件費など、市の財政負担を軽くできるメリットもある。

 取り組む生徒、公園を使う市民が共に笑顔になってほしいと「スマイルサポーター」と名付けた。

 ボランティア部には工業科と普通科、商業科の18人が所属しており、清掃や地域の祭りを支える活動に取り組んでいる。同公園の遊具は1周約930メートルのフィールドアスレチックコース沿いを中心に計28種類あり、勉強会を開いた上で定期点検や塗装作業を行う。

酒田光陵高ボランティア部の生徒が管理する遊具の一つ=酒田市・光ケ丘公園
酒田光陵高ボランティア部の生徒が管理する遊具の一つ=酒田市・光ケ丘公園
 15日は鈴木校長と代表の生徒7人が市役所を訪れ、矢口明子副市長から委嘱状を受け取った。矢口副市長は「携わってくださり、本当にありがたい。地域貢献を実感できる機会だと思う」と激励。同部部長の3年山田未優さん(17)は「幅広い年代に親しまれている公園。子どもたちが安全に楽しく遊べるよう努力したい」と話した。

 市内では多くの市民、団体が清掃や美化活動に協力している。今後、希望があれば、同様に公園などの管理の一部を市民に委嘱することを検討するという。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から