県内ニュース

表情豊か「ミニかむてん」誕生 今後は2人で地元発信

2017年07月15日 14:43
かむてん
かむてん
新しく登場したミニかむてん
新しく登場したミニかむてん
 新庄市の公式キャラクターかむてんの新たな仲間「ミニかむてん」が登場した。5月に着任した市地域おこし協力隊員の高橋諒さん(35)=同市出身=がデザインしたキャラクターで、コミカルで豊かな表情が特徴。かむてんの公式ツイッターも開設され、“2人”は今後、活動の幅を広げていきそうだ。

 かむてんは市出身の漫画家冨樫義博さんがデザインし、ゆるキャラブーム以前の1994年に誕生したキャラクター。市北東部にある神室山に住むてんぐがモチーフだ。これまで着ぐるみをはじめさまざまなグッズが作られている他、市内の案内看板にも登場し、市民に定着している。

 ただ、冨樫さんの4種類の原画通りにしか使うことができないため、これまでは感情を表に出せずにいた。そこで、かむてんが神通力で生み出したのがミニかむてん。従来のかむてんをデフォルメしたかわいらしい顔立ちで、怒ったり笑ったり、悲しんだりもできる。時には「分身の術」で増殖もするという。

 都内の広告制作会社勤務を経てUターンした高橋さんが、市のイメージキャラクターブランディング事業の一環でキャラクター案を提案した。高橋さんは「冨樫さんのかむてんももちろん魅力的。ミニかむてんは子どもたちにより人気がでるようなデザインにし、さらにキャラクターの幅を広げたかった」と語った。

 また、かむてんのツイッターは先月29日に開設された。話すことができないキャラクターだが、パソコンやスマートフォンを使うことはできるようだ。初ツイートではミニかむてんとのツーショット写真を掲載し「みんな、ヨロシクなのじゃ!」とつぶやいている。他のユーザーからリプライがあれば返信もしてくれる。ミニかむてんが現れる場は当面、このツイッター上に限るが、市商工観光課はグッズ展開なども考えているという。

 ツイッターアカウントは@Kamuten_shinjo

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から