県内ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

大堰の役割、見て納得 最上川200キロを歩く・第10週

2017年07月15日 20:30
庄内町のシンボル、発電風車をバックに暑さに負けず歩く=庄内町
庄内町のシンボル、発電風車をバックに暑さに負けず歩く=庄内町
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2017」は第10週の15日、庄内町余目四小(斎藤祐子校長)の6年生20人が、同町の立谷沢川合流点から庄内橋までの区間を歩いた。強い陽光に体力を奪われながらも、一つ一つの施設を熱心に見学。目の前に広がる水田にも最上川の水が活用されていることを学び、深いつながりを実感することができた。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 余目四小で行われた出発式で、国土交通省酒田河川国道事務所の小山田等調査第1課長は豊かな食文化をはじめ、庄内地方には多くの魅力があるとし「最上川は田んぼに引いている水にも使われている。多くの役割を知ってもらいたい」とあいさつ。斎藤校長は「今週はゴールの一歩手前なので、みんなでつなげられるように頑張ろう。今日の体験はきっと貴重なものになる」と激励した。

 児童を代表し、伊藤遥夏さん(11)と工藤奈緒さん(11)が探検リレーのバトンとなるビッグフラッグを掲げ、高橋煌太君(12)が「今日は暑いので熱中症に気を付けながら、みんなで一緒に歩ききりましょう」と抱負を述べた。

 最初に訪れた最上川さみだれ大堰(おおぜき)は国内最大規模のゴム堰。川底の安定や農業用水の確保といった重要な役割を知り、庄内地方の豊かな実りの一因に触れた。水質検査では川をきれいに保つことの大切さ、樋門の操作を通じて洪水への備えが整えられていることを学習。特別な体験がもたらした一日の成果は、子どもたちの充実した表情にはっきりと表れていた。

関連写真

  • 最上川さみだれ大堰で地上と地下をつなぐ階段は外の暑さを忘れるひんやりした冷気で涼しさ満点=酒田市
  • 強烈な日差しに負けず最上川について学びゴールした庄内町余目四小の6年生=同町
  • 最上川さみだれ大堰の下はフィッシュギャラリー。目の前を魚が泳いでいた=酒田市
  • フィッシュギャラリーで魚の大きさを切り抜いた紙で大きさを実感。「10センチ違うとこれだけ大きいんだ」=酒田市
  • 飛び石の途中で荒鍋の河童が出迎える荒鍋内川河川公園=庄内町
  • 飛び石の途中で荒鍋の河童が出迎える荒鍋内川河川公園=庄内町
  • 最上川の水を特殊な薬品に混ぜて色の違いで酸性度(Ph)をみた水質検査=庄内町
  • 最上川の水を特殊な薬品に混ぜて色の違いで酸性度(Ph)をみた水質検査=庄内町
  • 最上川さみだれ大堰の地下にあるフィッシュギャラリーに向かう階段はひんやり=酒田市
  • 草刈り機の無線操縦を体験。担当者から「うまい、どんどん刈ってみて」とほめられた=庄内町

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から