県内ニュース

小さな「力士」に子どもたちが声援 中山で「全国かぶと虫相撲大会」

2017年07月17日 20:25
「頑張れ!」。子どもたちが見守る中、カブトムシが熱戦を繰り広げた大会=中山町総合体育館
「頑張れ!」。子どもたちが見守る中、カブトムシが熱戦を繰り広げた大会=中山町総合体育館
 棒の上でカブトムシを競わせる「全国かぶと虫相撲大会」が17日、中山町総合体育館で開かれた。県内外から384人の子どもたちが参加し、小さな「力士」の熱戦に声援を送った。

 真っすぐに立てた木の棒を土俵とし、より先端を目指すゲーム。2匹で競い、30秒後に高い位置にいた方が勝ちで、落ちたり、飛んでいったりすると負けとなる。

 予選と決勝トーナメントを実施。子どもたちは「頑張れ!」「落ちるな!」と叫びながら精いっぱい応援した。もつれ合ったまま落下し、再試合となる激戦も。山形四小2年竹田玄慶君(7)は自宅で育てているカブトムシで参戦。奮闘ぶりに満足した様子で「大会の後も、ちゃんと餌をあげて大切に育てる」と話していた。

 競技の結果、優勝「東の横綱」に川添翔太郎君(6)=山形市=の「ようた山」、準優勝「西の横綱」に児玉悠暉也君(6)=中山町=の「ゆーざん」が輝いた。

 日本かぶと虫相撲協会(中山町)が主催し、27回目。当日参加の勝ち抜き戦にも55人が参加した。

関連写真

  • 「頑張れ!」。子どもたちが見守る中、カブトムシが熱戦を繰り広げた大会=中山町総合体育館

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から