県内ニュース

熱戦いよいよ!南東北IH、きょう28日開会式

2017年07月28日 09:15
PR
 本県を幹事県に宮城、福島との3県で開催される全国高校総体夏季大会「南東北インターハイ」は28日、天童市の県総合運動公園総合体育館で総合開会式を行い、来月20日まで続く熱戦が本格的にスタートする。県勢は陸上やカヌーを中心に優勝、上位入賞が期待される。会期前競技のソフトテニス男子団体では羽黒が優勝しており、他競技も追い風に乗りたいところ。

 優勝候補の筆頭は陸上女子円盤投げの斎藤真希(鶴岡工)。1年生で出場した昨年は準優勝した。6月の東北高校選手権では48メートル06をマークし、頭一つ抜けた存在だ。練習では50メートル超も投げているといい、平常心で力を発揮できれば頂点がぐっと近づく。

 陸上では他に女子100メートルと200メートルの青野朱李(山形中央)が表彰台の期待十分。本番と同じ会場で行われた県高校総体と東北高校選手権で好記録を連発し、その後も好調。スタートを決め、中盤以降の伸びを生かしたい。炎天下でリレーも含め複数のレースをこなすため、体力維持も鍵を握る。女子100メートル障害の茨木凜(九里学園)もコンスタントに13秒台を出しており、上位候補。

 お家芸のカヌースプリントは、今大会もカヤックの谷地勢が複数の優勝を狙う。エース格は後半に強さを見せる佐藤友香。中村天音とともにジュニア世界選手権の日本代表に選ばれており、女子をけん引する。男子のカヤックフォアも頂点をうかがう。

 柔道は男子90キロ級の阿部拓馬(新庄東)と100キロ級の臼井哲平(羽黒)に注目。登山は男子の村山産、女子の山形西が地の利を生かして上位入りを期す。ソフトボール男子の南陽やレスリング男子の山形商勢、なぎなた演技の設楽志帆・丹野優花(天童)も入賞圏内。

 1972(昭和47)年以来、45年ぶりとなる本県開催。若者たちを後押しする地元の大声援にも期待したい。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から