県内ニュース

来県の皇太子さま、児童と触れ合い 南東北IH開幕、村山で居合道見学

2017年07月28日 14:48
絵本の読み聞かせに参加した親子に声を掛けられる皇太子さま=村山市・甑葉プラザ(代表撮影)
絵本の読み聞かせに参加した親子に声を掛けられる皇太子さま=村山市・甑葉プラザ(代表撮影)
 全国高校総体夏季大会「南東北インターハイ」の開幕に合わせ、3年ぶりに皇太子さまが27日、来県された。たくさんの県民が歓迎し、3日間の滞在の初日は、村山市の総合文化複合施設・甑葉(しょうよう)プラザで夏休みを迎えたばかりの子どもたちと触れ合った。

 ホールに刀が風を切る音が響く。市内の楯岡小の児童11人が同市発祥とされる居合道の演武を披露した。皇太子さまは「子どものころ剣道をしていました」と、林崎居合道伝承会の小松昭二師範(90)に語り、興味深そうに技などについて、師範や子どもたちに問い掛けていた。

 「どうして居合を始めたの」と、声を掛けられた5年竹村晴君(10)は、室町時代に現在の同市に生まれた道祖・林崎甚助重信や日本刀に興味を持ち、始めたことを説明。「いつもより上手にやれた。皇太子さまの前で演武ができて光栄」と話した。

 「親子交流ひろば」では、村山朗読会のメンバーが絵本「ぞうくんのさんぽ」を1~5歳の幼児10人に読み聞かせる様子も視察。高橋留美さん(37)=村山市大淀=は長男杜樹(とき)君(5)、次男静堂君(3)と参加した。皇太子さまから声を掛けられた際、抱えていた静堂君がのけ反り、床に頭を打ちそうに。皇太子さまは、すかさず手を差し伸べた。高橋さんは「優しさ、親しみやすさを感じた」と話した。

居合道の演武を披露する楯岡小の児童
居合道の演武を披露する楯岡小の児童
 同プラザの前では、施設を後にする皇太子さまを見送るため、大勢の子どもたちが日の丸小旗を手に待っていた。皇太子さまは一人一人に声を掛け、「良い夏休みを過ごしてくださいね」と、目線を子どもたちの高さに合わせ、優しい笑顔で手を振った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から