県内ニュース

山形ワイヴァンズが新体制発表 クックEC「チームに“勝つ文化”を」

2017年08月04日 09:06
新シーズンに向けたパスラボ山形ワイヴァンズの選手とコーチ陣=山形市・山形グランドホテル
新シーズンに向けたパスラボ山形ワイヴァンズの選手とコーチ陣=山形市・山形グランドホテル
 バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは3日、山形市の山形グランドホテルで記者会見を開き、今秋開幕する2017~18シーズンの新体制を発表した。1部昇格に向け、コーチ陣や新入団選手を含めた日本人選手が抱負を語り、統括的な指揮を執るエグゼクティブコーチ(EC)のジョセフ・クック氏は「若い選手が多いが、このチームに“勝つ文化”を取り入れたい」と力を込めた。

 コーチ陣は、今年新設したECのクック氏、新任の小関ライアン雄大ヘッドコーチ(HC)。日本人選手は5人が新加入し、昨季も所属の5人と合わせ計10人。外国人選手は3人を補強する。「(チームの特性に合わせ)機動力を持った選手」(クックEC)で、契約は既に合意し、お盆明けに正式発表するという。

 新シーズンのスローガンは「『WE>ME』ウィー・イズ・グレーター・ザン・ミー(チームの力は個々の力を上回る)」。クックECは「チームのために勝つことを意識し、行動できる選手を使っていく」とし、オフェンスは「ボールをよく回し、速い決断をすること」、ディフェンスは「コミュニケーションとチームで守る意識が鍵を握る」と語った。

 昨年に引き続き主将を務める佐藤正成(山形南高出)は「チーム一丸で東地区を勝ち抜いていきたい」と決意を述べ、トライアウトを経てチームに新加入した宮坂侑(山形中央高出)は「バスケットを通して地元山形を盛り上げられるよう、全力でプレーする」と意欲を見せた。

 新体制で迎える最初の実戦は、8月19日に鶴岡市小真木原総合体育館で行われる2部秋田との「鳥海ダービー」。新シーズンは9月30日に初戦を迎える。

◆所属メンバー
 0 PG 山本柊輔(23) 176センチ70キロ 
 1 PG 中島良史(26) 176センチ78キロ※新加入
 3 PF 小島佑太(33) 192センチ88キロ 
 6 SF 藤岡昂希(26) 192センチ87キロ 
◎9 SG 佐藤正成(26) 187センチ82キロ 
          (山形南高出・高畠町出身)
 12 SG 高浜拓矢(27) 184センチ80キロ※新加入
 13 SG 小川京介(23) 182センチ82キロ※新加入
 20 PG 宮坂 侑(23) 178センチ75キロ※新加入
         (山形中央高出・天童市出身)
 37 PG 河野誠司(27) 172センチ72キロ※新加入
 50 SF 伊沢実孝(23) 195センチ99キロ 
(◎は主将、PG=ポイントガード、SG=シューティングガード、SF=スモールフォワード、PF=パワーフォワード)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から