県内ニュース

【高校野球】“日大魂”最後まで 甲子園応援席「よく頑張った」

2017年08月10日 08:17
球場周辺が薄暗くなる中、日大山形のスタンドからは熱気あふれる声援が続いた=兵庫県西宮市・甲子園球場
球場周辺が薄暗くなる中、日大山形のスタンドからは熱気あふれる声援が続いた=兵庫県西宮市・甲子園球場
 兵庫県西宮市の甲子園球場で開かれている第99回全国高校野球選手権大会は第2日の9日、1回戦に臨んだ日大山形が延長十二回の末、明徳義塾(高知)に3―6で敗れた。最終盤まで息をのむ接戦を繰り広げた選手たち。勝利を飾る校歌斉唱はかなわなかったが、最後まで正々堂々と戦ったナインに応援スタンドから惜しみない拍手が送られた。

 1塁側アルプススタンドは野球部員やその家族、生徒、教職員、OBら約1200人で埋まった。主将・舟生大地選手の父源氏さん(53)=真室川町川ノ内=は「甲子園で息子の姿を見ることができて幸せ。いつも通りやれば必ず結果は出る」と、少ない言葉に力を込めた。日大山形3年で、野球応援に憧れて応援団に入部した団長・柳川愛理さん(17)は「県大会からずっと応援してきた。今日は声を出し切って、日大山形の勝利を呼び込みたい」。

 試合は序盤から明徳、日大がともに得点する展開に。二回裏に日大が1点を勝ち越すと、応援席からは大きな歓声が上がった。チアリーダーの3年石山万桜さん(18)は「とてもドキドキしている。選手一人一人から熱い気持ちが伝わってくるので、何とか一戦をものにしてほしい」と気持ちを込めた。

 名門校と好試合を見せたものの、初戦突破はならなかった。試合終了後、勝利を信じていた応援団は言葉を失い、一瞬の沈黙があった。しかし、最後には「よく頑張った」「ナイスゲームだ」と、今後の成長に期待しながら大きな拍手で健闘をたたえた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から