県内ニュース

奥羽、羽越フル規格化要望へ6県PT発足 山形で初会合、19年度めどに最終報告

2017年08月10日 09:01
奥羽、羽越両新幹線の整備促進を目指し、沿線各県で構成する合同プロジェクトチームが発足した=山形市・ホテルメトロポリタン山形
奥羽、羽越両新幹線の整備促進を目指し、沿線各県で構成する合同プロジェクトチームが発足した=山形市・ホテルメトロポリタン山形
 奥羽、羽越両新幹線のフル規格整備を目指し、両新幹線の沿線6県で構成する合同プロジェクトチーム(PT)が9日、発足した。山形市のホテルメトロポリタン山形で同日、第1回会合を開き、沿線エリアの地域ビジョンや費用対効果、整備手法の3項目について、調査・検討を進めることを確認した。PTの調査・検討内容は、整備促進に関する政府への要望活動などに活用する考えで、2019年度をめどに最終報告書を取りまとめる。

 PTは山形、青森、秋田、福島、新潟、富山の6県の課長級で構成。奥羽、羽越両新幹線の建設促進同盟会の事務レベル組織を統合する形で設置した。検討するのは▽両新幹線を活用した地域ビジョン策定▽両新幹線の費用対効果算出▽整備手法の研究―の3点。2~3カ月に1回のペースで会合を開き、次回は今年10月ごろに秋田県で開催する。

 初会合には約20人が出席。本県の中山正弘企画振興部長が「政府に対し、より説得力のある提案をしたい。6県の知恵を結集し、取り組みを一層、力強く進めたい」とあいさつ。その後は非公開で検討項目や今後のスケジュールなどを確認、協議した。

 県総合交通政策課によると、北海道新幹線、北陸新幹線の開業とJRから経営分離された並行在来線の運営などを背景に、沿線各県で政策課題の優先順位に違いはあるものの、奥羽、羽越両新幹線の整備促進という方向性を共有。新幹線整備を地方創生の基盤と位置付け、東北地方や日本海側の将来像をPTで議論することを確認したとしている。

 福島―秋田間の奥羽新幹線、富山―青森間の羽越新幹線は、1973(昭和48)年に国が基本計画に位置付けたが、40年以上が経過した現在も進展がない。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から