県内ニュース

山形市新野球場のロゴマーク披露 きらやか銀と協定締結

2017年08月10日 10:08
ロゴマークを手に握手する佐藤孝弘市長(左)と粟野学頭取=山形市役所
ロゴマークを手に握手する佐藤孝弘市長(左)と粟野学頭取=山形市役所
 山形市新野球場のネーミングライツ(施設命名権)パートナーに決まったきらやか銀行(山形市、粟野学頭取)と市の協定締結式が9日、市役所で行われた。

 粟野頭取が佐藤孝弘市長と協定書を交換し、愛称「きらやかスタジアム」のロゴマークを披露。「きらやかスタジアムでプレーした子どもに入行してもらい、共に東京ドーム(都市対抗野球大会)を目指したい」と夢を語った。同行硬式野球部による球場での野球教室開催を通し、本県野球界のレベルアップにも協力したい考えも明かした。

 同部は都市対抗野球に市代表として昨年から2年連続出場。中高生への野球指導、少年硬式野球大会開催にも取り組む。粟野頭取は「都市対抗で市民に応援していただいた。恩返しとして、県都の球場に『きらやか』の名を冠したいと思った」と応募理由を説明。ロゴマークは同行の行章と愛称を組み合わせた。

 締結式では、佐藤市長が「地域に密着し、素晴らしい実績を持つきらやか銀行と協定を結ぶことができ、市としても光栄」とあいさつ。県と市の野球界の盛り上げと、多くの市民の球場来場にも期待を込めた。

 新野球場は同市落合町の市総合スポーツセンター敷地内に建設され、外構工事を含め8月末に完成。開場式は9月15日、秋季東北地区高校野球県大会開会式前に行う。市と同行の契約期間は9月1日から5年間で契約額は年400万円。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から