県内ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

車で霊迎える「精霊車」 遊佐、旧八幡地区

2017年08月13日 20:39
霊を迎えるためケンメリのミニカーをつるす三村さん=遊佐町
霊を迎えるためケンメリのミニカーをつるす三村さん=遊佐町
 ご先祖様、この車で帰ってきてね-。遊佐町と酒田市八幡地区の各一部で、お盆に死者の霊を迎えるためミニカーをつるす「精霊車(しょうりょうしゃ)」という風習が続いている。お盆の入りの13日、各家の軒下には色とりどりの“愛車”が並んだ。

 町クラシックカー愛好会会長で行政書士の佐々木正紀さん(68)=同町豊岡=によると、発祥は昭和40年代ごろ。その頃から「精霊馬(うま)」の原料となるマコモが不足し「ご先祖様の帰ってくる足がない」と、ミニカーをつり下げたことが始まりという。車社会が進み、マイカーが普及した時代背景を反映したともいえる。

 車種や色はさまざまで、佐々木さんが住む上大内集落でも三村弥四郎さん(71)宅は愛称ケンメリの赤の日産スカイライン、佐藤幸一さん(69)宅は青のトヨタセドリックなど。ブリキ製が多く、千~2千円ほどだった価値が今では10倍以上というお宝もある。

 旧暦の七夕前に飾り、お盆が終わる16日にしまうのが通例。青のトヨペットクラウンデラックスをつるした佐々木さんは「他の盆飾りと同じように大事にしてきた。子や孫にも引き継いでいきたい」と話した。

霊を迎える「精霊車」をつるす佐々木さん=遊佐町
霊を迎える「精霊車」をつるす佐々木さん=遊佐町

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から