県内ニュース

日本文化を広めたい 仏出身ジャーナリストが白鷹町訪問

2017年08月18日 14:42
獅子舞を撮影するエチエンヌ・バラールさん(右)=白鷹町
獅子舞を撮影するエチエンヌ・バラールさん(右)=白鷹町
 フランス出身のジャーナリストでドキュメンタリー映画プロデューサーのエチエンヌ・バラールさん(52)=東京都=が14日、白鷹町蚕桑地区を訪れ、田んぼアートや地元の獅子舞の様子を撮影した。バラールさんは全国各地の田んぼアートを題材としたドキュメンタリー映画を製作予定で、「田んぼアートを通じて日本文化を知ってもらいたい」と意気込む。

 バラールさんは「オタク・ジャポニカ―仮想現実人間の誕生」の著書などで知られる。2010年ごろから田んぼアートに関心を持ち始め、13年の全国田んぼアートサミットinあいち・安城(愛知県会場)を取材。その際に白鷹町の地域活性化グループ「蚕桑駅前夢プロジェクト」のコーディネーター今野正明さん(71)=高玉=と知り合ったことを機にほぼ毎年、来町している。

 バラールさんはここ5年ほどで北海道から鹿児島県まで100カ所以上の田んぼアートを訪れたといい、その中でも白鷹町はより細かく取材している場所の一つ。創作民話を題材とするオリジナル性や、行政に頼らずに住民の熱意で続けている点に引かれるという。13年の田んぼアートの絵柄が獅子だったことから、14日は地元の稲荷神社秋季祭典の獅子舞も撮影した。

 ドキュメンタリー映画は田んぼアートを中心に地域文化などに関連する映像も交えて製作する予定で、「年内に大まかな編集を終わらせることができれば」とバラールさん。その地域の文化や伝統を表現する田んぼアートを「すごく日本的な、優れたアピールの仕方」と評する。

 今野さんは「こうした映画製作活動を通じ、若者が誇りを持てる地域にしたい。バラールさんとのつながりから、将来的にはインバウンド(海外からの旅行)にもつなげていければ」と話している。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から