県内ニュース

山形市新野球場で楽天1軍戦を 山形市長が楽天球団に要望書

2017年08月19日 21:39
立花陽三社長(右)に要望書を手渡す佐藤孝弘市長=仙台市・Koboパーク宮城
立花陽三社長(右)に要望書を手渡す佐藤孝弘市長=仙台市・Koboパーク宮城
 山形市新野球場でのプロ野球東北楽天ゴールデンイーグルス1軍公式戦開催を求め、佐藤孝弘市長は19日、球団本拠地のKoboパーク宮城=仙台市=で立花陽三球団社長と面会し、要望書を手渡した。立花社長は「熱い思いに応えたい」と前向きな返答を贈った。

 山形市総合スポーツセンター敷地内に設けた新野球場で来季の公式戦開催を求める内容。新野球場について、佐藤市長は市中心部に近く、JR仙山線でもアクセスできることなど利便性を説明。「市民が一番親しみを持っている球団は楽天。何とか実現させたい」と思いを語った。

 立花社長はバックヤードや人工芝など新野球場の設備、環境面に触れ「1軍の試合に向いていると思う」と評価。市長の来訪を歓迎し「思いを受け止め、しっかりお返しするのが筋と思う。前向きに検討したい」と述べた。

 本県では例年、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで楽天1軍の試合が行われている。拠点以外で複数試合を開催する可能性について、立花社長は「環境は整えたい」とする一方、試合数ありきではなく、ファンや観客を増やしていくことが先決課題との考えを示した。

 新野球場は両翼100メートル、中堅122メートルで、1万2千人を収容できる。秋季東北地区高校野球県大会開会式に合わせ9月15日に開場式を行う。きらやか銀行がネーミングライツ(施設命名権)パートナーで、愛称は「きらやかスタジアム」(9月1日から)。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から