県内ニュース

渋滞の原因、トンネルにあり 月山道“赤川花火渋滞”ルポ

2017年08月20日 11:01
山形自動車道の月山インターチェンジから国道112号の月山第二トンネル間は花火見物客らの車両で長い渋滞が生じた=19日午後1時56分、鶴岡市田麦俣(適切な停車措置を取ってから撮影しています)
山形自動車道の月山インターチェンジから国道112号の月山第二トンネル間は花火見物客らの車両で長い渋滞が生じた=19日午後1時56分、鶴岡市田麦俣(適切な停車措置を取ってから撮影しています)
 「山形」を中心に「仙台」「宮城」「福島」といった隣県から「川口」「八王子」などの関東圏まで、多くの県外ナンバーも西川町と鶴岡市が接する国道112号を埋め尽くしていた。すっかり恒例となった月山道の“赤川花火大会渋滞”。県警の交通管制センターによると、今年も最大で15キロの長い列ができた。でも、この渋滞、ちょっと特殊な発生メカニズムがあるようだ。車が多いだけじゃない、もう一つの理由をルポした。

「第二」まで
 19日午後0時半、山形市の山形メディアタワーを出発した。お盆明けの土曜日。市内の主要道路は車も少なく順調だった。山形北インターチェンジ(IC)から山形自動車道へ。スムーズに寒河江、西川両ICを通過した。が、快適なドライブもここまで。月山ICが間近となった頃から、車両数が目に見えて増え始めた。

 同IC出口付近から渋滞に巻き込まれた。出発して約1時間経過。山形自動車道と、ずっと国道112号を利用してきた車両が合流するため、道路を埋める車両の密度が一気に高くなる。電光掲示板には「月山第二トンネルまで渋滞10キロ」の表示。覚悟はしてきたが「長いな」とため息をついた。ここで、一つの疑問が。「第二トンネルまで?」

 同区間は一本道。途中、湯殿山に行く分岐があるが、この日に限って言えば渋滞を解消するほどの影響は考えられない。車列は相変わらずノロノロ運転。月山第一、湯殿山の両トンネル内では頻繁に停車した。先が思いやられる中、第二トンネルに入った頃から展望が開けた。掲示板通り、この先は順調に車が流れた。

 トンネルを抜けた先のドライブインで休憩。宮城県気仙沼市から家族で花火を見に行くという鈴木琢也さん(26)は「急に渋滞が解消して良かった。子どものトイレが心配だった」と安堵(あんど)の表情だった。

暗い+狭い
 行程を振り返ると、出発してから花火大会会場まで渋滞が起きたのは月山IC―月山第二トンネルの間だけ。理由について、国土交通省酒田河川国道事務所の担当者は車両数の増加に加え「トンネルに入るとドライバーは速度を落とすことが影響している」と語る。

 同区間は長さ2620メートルの月山第一トンネルを筆頭に1530メートルの第二トンネル、665メートルの湯殿山トンネルと比較的、長いトンネルが密集している。ドライバーの心理として太陽光の下で視界がいい道路から暗いトンネル内に入ると、極端な環境の変化から、無意識に速度を落とすという。担当者は「トンネル内は路肩も狭くなるので、『暗い』に加え、『狭い』の変化で安全策を取るようになるのでは」と分析する。

 ちょっとの速度ダウンと侮ることはできない。もともと車両が密集しているので、一台一台のブレーキが積もり積もって渋滞が生じるまでの状況になってしまうという。対策について担当者は「出発を早めるなど、一定の時間に車両が集中しないよう、時間差を付けると効果的」と話していた。(報道部・安達一智)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から