県内ニュース

最上川を軸に「ネット産直」 インターネット文明研究所(東京)がサイト開設

2017年09月08日 11:15
新たに開設された産直サイト「ネットショップ最上川」
新たに開設された産直サイト「ネットショップ最上川」
 インターネットを活用した事業などを手掛けるインターネット文明研究所ホールディングス(東京都、横山三四郎社長)は、ネットを生かした産直サイト「ネットショップ最上川」を開設した。同社が構想しているネット通販「川の市場」の第1弾で、置賜地方の魅力なども紹介している。

 長井市出身の横山社長は早くからネットの有用性に着目し、電子出版社などを経営してきたが「(諸外国に比べて)日本はネットの活用が遅れている」と指摘する。古里ということもあり、「最上川というくくりは以前から考えていた」とし、生産者と消費者を結ぶネットを活用した仕組みを構築した。

 サイトは9月1日にオープンし、基本的に出店料は取らず、広告料で運営している。現在は飯豊町の道の駅いいで・めざみの里観光物産館などが出店しており、天候不順で野菜の価格が高騰する首都圏向けに地元の廉価な野菜セットの宅配なども展開している。「出店者は増やしていきたい。サイトは生産者(出店者)と消費者を結ぶマッチングの場」(横山社長)との位置付けだ。

 同社は今後、全国の川のくくりで同様のサイトを展開するという計画を描いている。横山社長は「全国を網羅したい。生産者の顔が見えるインターネット産直を目指す」と話している。

 出店などの問い合わせは横山社長080(5534)9763。ネットショップ最上川のアドレスはhttp://mogamigawa.shop/

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から