県内ニュース

県産業賞に1団体2個人 加藤総業、加藤昌宏氏、内藤文徳氏

2017年09月12日 11:00
PR
 県内の産業界、行政などの代表者でつくる県産業賞委員会(委員長・吉村美栄子知事)は11日、県庁で審査会を開き、本年度の産業賞を加藤総業(酒田市、加藤聡社長)、天童木工(天童市)の加藤昌宏社長(73)、上杉コーポレーション・上杉観光開発(いずれも米沢市)の内藤文徳会長(70)の1団体2個人に贈ることを決めた。県科学技術賞は県酒造組合の小関敏彦特別顧問(61)に贈る。両賞は県内で産業や科学技術の発展に貢献し、顕著な功績を挙げた個人・団体に贈呈している。産業賞の受賞者は累計で96個人、66団体、科学技術賞は19個人となった。贈呈式は11月3日、山形市の文翔館で行われる。

加藤総業=建築資材を扱う建設系商社として庄内地域を中心に幅広い販路を持ち、一般住宅から大型施設まで顧客のニーズに対応している。本業に加え、同社グループ企業は県内4カ所で風力発電事業を展開し再生可能エネルギーの普及活動にも尽力している。

社員一同で地域発展
 加藤聡社長の話 約120年にわたり、建設資材などの販売を通じて、地元庄内を中心に地域づくりのお手伝いを続けてきた。風力発電事業への参入による再生可能エネルギーの普及もさらに進め、より一層地域の発展に貢献できるよう社員一同頑張っていきたい。

加藤昌宏氏=先進的な技術力を生かした製品で数々の賞を受けるなど、天童木工を確固たる地位に導いた。人材の育成にも努め、本県ものづくり技術の向上と本県産業の発展に貢献。さまざまな団体の要職に就き、地域経済のけん引役として手腕を発揮している。

社員結集のたまもの
 加藤氏の話 まさしく青天のへきれきだ。圧密成形加工の実用化、技能五輪全国大会入賞のいずれの成果も社員が力を結集したことによるものであり、みんなで受賞を喜びたい。今後とも地域に根差したものづくりの会社として、仕事に当たっていきたい。

内藤文徳氏=県観光物産協会副会長、山形おきたま観光協議会副会長を務めるほか、置賜地域観光の中心的な施設の経営者として観光誘客や受け入れ態勢の整備に尽力した。観光キャンペーンのけん引役となり、観光客の拡大、産業発展に大きく貢献している。

関係者や仲間に感謝
 内藤氏の話 まちづくりの視点を大事にしながら観光事業に当たってきた。支えていただいた多くの関係者や仲間に感謝したい。インバウンド(海外からの旅行)への対応など本県観光には課題がある。受賞を激励と受け止め、今後も力を合わせて頑張る。

小関敏彦氏=県工業技術センターで醸造技術の研究者として県産酒の酒質向上に尽力した。酒造技術者による県研醸会で技術支援に当たり、純米吟醸酒「DEWA33」の製品化、吟醸・純米吟醸酒の出荷量拡大といった成果を挙げ、酒造業界の発展に貢献した。

影響波及へ連携強化
 小関氏の話 一人の力ではなく、関係者一丸となった取り組みが評価された。「山形の酒はおいしい」と県民に自信を持って言ってほしいとの思いが原点。地理的表示(GI)指定など酒造業界の明るい話題を農業、観光にも波及させるため、連携を一層強めたい。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から