県内ニュース

カラス対策にドローン実験 山形・追い払い効果は実証

2017年09月15日 15:03
飛行機型のドローンを飛ばし、カラスの反応を確認した=山形市東古館
飛行機型のドローンを飛ばし、カラスの反応を確認した=山形市東古館
 山形市のカラス対策実証実験は2日目の14日、同市東古館の市農業振興公社周辺で、小型無人機ドローンによる誘導と追い払いを試みた。飛行機型のドローンからカラスの鳴き声を流して仲間と思わせる「友達作戦」は空振りに終わったが、追い立ての効果は見られた。

 市中心部はドローンが飛行禁止のため、郊外を実験場に選んだ。前日に引き続き、総合研究大学院大学の塚原直樹助教(38)と、シンガポール国立大の末田航リサーチフェロー(40)が作戦を練った。

 実験ではスピーカーを搭載したドローンを飛ばし、「ハシブトガラス」の声を流して群れの反応を確かめるのが狙い。仲間と勘違いしたカラスがドローンを追いかける思惑だったが、そこにいたのは種類の異なる「ハシボソガラス」の群れだった。「言葉」が通じないのか、音や機械に警戒し、カラスが近づくことはなかった。機体が白色だったことも改善点として挙げられた。

 それでもドローンが周辺を旋回すると、木々や電線にいたカラスが一斉に飛び去り、追い払い効果は実証された。

 塚原助教は、ドローンでカラスをコントロールするには同種のカラスの鳴き声を使うことや、機体をカラスに似せる工夫が必要だったとし、「期待していた反応ではなかったが、参考になった。カラスの高いコミュニケーション能力を逆手に取ったアプローチが必要だ」と話していた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から