県内ニュース

新スタジアム推進会社が設立 民間主導は日本初

2017年09月21日 21:18
新会社の概要を発表した記者会見=山形市・山形グランドホテル
新会社の概要を発表した記者会見=山形市・山形グランドホテル
 サッカー・モンテディオ山形を中心にした新スタジアムの整備に向けて建設、運営などの主体となる新会社が設立された。民間6社、3銀行が出資、県内の経済関係3団体のトップが代表取締役に就いた。基本計画策定後、2018年10月の官民連携事業化、20年9月の建設場所決定を目指す。会社側は21日、山形市の山形グランドホテルで記者会見を開いて概要を説明した。

 民間主導で会社を立ち上げサッカースタジアム整備を目指すのは日本初という。

 新会社の商号は「新スタジアム推進事業株式会社」で今月6日に設立、同13日に登記を完了した。代表取締役には県経営者協会の寒河江浩二会長(山形新聞社長)、県商工会議所連合会の清野伸昭会長(山形パナソニック会長)、県経済同友会の鈴木隆一代表幹事(でん六社長)の3氏が就任し、ほかの取締役は6氏。株主は山形新聞社など6社、3銀行。資本金は1002万円。17年度中に進める増資により、資本金は5千万円程度とする方針。

 18年4~9月に、運営のビジネスモデルや収支計画、資金調達計画などを盛り込んだ基本計画を策定する。18年9月には県に対し、官民連携による事業化を要請する。その後の想定プランでは、事業化決定後、建設地誘致市町村の公募、第三者委員会の候補地評価などを経て、20年9月の建設場所決定を目指す。

 寒河江氏は会見で「経済団体を中心に、県民が一丸となり誰もが納得するスタジアムをつくっていきたい」と力を込めた。「建設場所は白紙」とあらためて強調し、完成時期は設置自治体との協議も必要だとして明言を避けた。

 建設場所についてはチームの本拠地がある天童市が誘致に名乗りを上げ、山形市も意欲を示している。公募に向け、天童市の新関茂副市長は「関係団体と協力して積極的に提案したい」、山形市の佐藤孝弘市長は「できる限り積極的に手を挙げたい」とあらためてコメントした。

 ◇株主
 山形新聞社、山形パナソニック、でん六、大商金山牧場、ダイバーシティメディア、アビームコンサルティング、山形銀行、荘内銀行、きらやか銀行

 ◇代表取締役以外の取締役
 小野木覚大商金山牧場会長(県商工会連合会長)▽吉村和文ダイバーシティメディア社長▽松田智幸アビームコンサルティング執行役員▽森谷俊雄モンテディオ山形社長▽山本益生県サッカー協会長▽武田浩一県体育協会理事長

 ◇監査役
 永井悟山形銀行常務▽橋本慶昭荘内銀行執行役員▽鈴木誠きらやか銀行取締役

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から