県内ニュース

五百羅漢像の修復作業公開 高畠

2017年09月24日 22:08
修復作業中の五百羅漢像が公開された=高畠町・玉龍院
修復作業中の五百羅漢像が公開された=高畠町・玉龍院
 県内最古といわれる五百羅漢像の公開修復作業が24日、所蔵する高畠町の玉龍院(金子堯信住職)で行われ、修復中の102体が本堂に並べられた。間近で貴重な文化財が見られる機会とあって、80人以上の町民らが訪れ、専門家による修復作業の様子を見守った。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 同寺の羅漢堂には五百羅漢像など計524体の仏像が安置されている。五百羅漢像は仏師の銘などから1835(天保6)年以前の制作とみられ、町有形文化財に指定されている。一体ずつ異なる表情と鮮やかな装飾が特徴だが、経年劣化が深刻となり、檀家などでつくる補修事業実行委員会(佐藤俊委員長)が中心となって昨年から修復を進めている。今回は18~27日の日程で作業を行っている。

 この日は、修復を担当する木製彫刻文化財保存修復研究所(名古屋市)代表理事の岡田靖さんが作業を実演した。彩色が剥がれた部分に注射器で合成樹脂を入れて接着したり、脱脂綿で丁寧に汚れを落としたりする様子を、訪れた人が食い入るように見詰めていた。

 同委員会は2021年までに全ての仏像の修復を目指す。今年の修復費は140万円で委員会と町が折半した。佐藤委員長は「修復費の確保は重要な課題。町内外に広く協力を呼び掛けていく」と話している。

修復作業中の五百羅漢像が公開された=高畠町・玉龍院
修復作業中の五百羅漢像が公開された=高畠町・玉龍院

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から