県内ニュース

上位校「計算できる」投手が軸 県大会を大会振り返って

2017年09月25日 10:50
 今大会は酒田南の優勝で幕を閉じた。2年生主体の新チームになって、初めて全県レベルで試合を重ねた。酒南を中心にした上位校は、ある程度「計算できる」投手が軸になった。

 酒南のエース阿部雄大が今大会で目立つ存在だった。制球が乱れることもあったが、昨秋から背番号1を担う責任感は強く、最少失点で抑えて勝機をたぐり寄せた。準優勝の東海大山形は清野蓮、日大山形は田中涼大、山形城北は竹田葵の奮闘も光った。2番手以降の層の厚さを見ると、酒南が上回っていた。

 投手の活躍は打の力不足を意味する。実際、打ち勝つという印象のチームは少なく、昨秋よりも打撃陣の調子には波があった。個人の力も含め若干の物足りなさは残り、東北大会出場を逃したチームも合わせ強化を求めたい。

 来月開幕する東北大会は全国選抜大会出場の参考になる。本県から「一般枠」での出場は2005年から遠ざかり、寂しい限りだ。来春は第90回記念大会で、東北の枠は2から3に増え、出場チャンスは広がる。本県代表として出場する3校は短い準備期間を濃密なものにし、少しでも技術の上積みに努めてほしい。

(報道部・相原健佑)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から