県内ニュース

【2017衆院選】県民、何を願う 女性活躍社会、豊かな暮らし…一票に未来を託す

2017年10月11日 08:22
PR
 衆院選が10日、公示された。各候補者は選挙カーに乗り込み、各地で訴えを展開し始めた。有権者の関心事は消費税増税、改憲、子育て…と多岐に渡る。県内各地で、それぞれの願いや思いを聞いた。

 ▽米沢市成島町1丁目、パート従業員岡田知恵さん(29) 「女性が安心して働ける社会をつくってほしい。1歳の子を育てながら転職先を探しているが、遠い保育園にしか入れず、フルタイムで働くのは難しい。働く女性の声を代弁するはずの議員にスキャンダルが多かったので残念だ。実績や人柄、掲げる政策をじっくりと見極めて一票を投じたい」

 ▽河北町谷地、自営業中上亮一さん(76) 「いつまでも金利が上がらないアベノミクスは失敗だ。大企業が潤っているだけで、山形にはお金は回ってきていない。一部の人だけがもうかるのではなく、人々の暮らしが豊かになるようにしてもらいたい。環境保護対策など、自然に投資する政策も展開してほしい。地方を豊かにする候補者に投票したい」

 ▽山形市上桜田5丁目、会社員多田真一さん(35) 「景気回復の実感が全くないので、所得増に結び付く経済政策について関心がある。また財政の状況を見ると消費増税は避けられないと思うが、国民にとって良い効果が表れる使い方となるよう注視したい。新党の話題が盛んに報道されて関心がいきがちだが、各党の政策の中身をしっかりと見ることが大切だ」

 ▽庄内町清川、自営業今井美香さん(48) 「消費税に関して重点的に議論してほしい。財政赤字が慢性化しており、まず予算の無駄を精査することが最優先だ。増税になれば景気は一気に冷え込んでしまい、民間の活力も低下すると思う。やむを得ず増税するにしても、納税者が納得できる説明をしてもらい、高齢者福祉や教育の充実のために使ってもらいたい」

 ▽新庄市本合海、無職梅津花子さん(75) 「消費税を増税するにしてもしないにしても、注目したいのは税金の使い道だ。子育て世代から高齢者までが健康に暮らせるよう、福祉政策の充実に重点を置いてくれる政党があるのかどうかを見極めたい。改憲の是非はよく分からない。一般人にも理解できるよう、各党は主張を明確に説明してほしい」

 ▽山形市七日町5丁目、山形大3年斎藤佳太さん(20) 「安全保障に注目している。北朝鮮のミサイル発射が相次ぎ、国防が脅かされている。憲法9条の改正を含め、脅威から国をどう守るかを議論してほしい。消費増税は各党の考え方が分かれているが、増税分をどう使うのか、増税しない場合は教育や福祉の財源を確保できるのか。具体的な説明を求めたい」

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から