県内ニュース

【2017衆院選】候補者の第一声(2区)

2017年10月11日 10:36
 衆院選が10日公示され、県内3小選挙区に出馬した10候補者は各地で第一声を上げ、政策や主義・主張を有権者に訴えかけた。(届け出順)

【鈴木憲和候補(35)自前】夢ある農業政策つくる
鈴木憲和候補
鈴木憲和候補
 私がやってきた仕事の結果が問われる選挙だ。市町議や県議、地元の人たちと一緒に一番に取り組んだのはインフラ整備。来月4日に東北中央自動車道福島―米沢北間が全線開通する。ここからが始まりだ。整備効果を最大限に生かすべく、外から来る人にお金を使ってもらい、地域の良さを知ってもらうための施設整備を加速させる。

 農業分野では若い世代が夢と希望が持てる政策を山形から全国に向けてつくる。子育て世代向けの政策も充実させたい。消費税増税をお願いするのは苦しいけれど、そのタイミングで次世代のための政策を打ち出し、実行する。

 地域を良くすることが日本の未来につながる。雪国・山形の人たちの思いが国の真ん中で議論され、施策に反映されるようになるまで精いっぱい頑張る。だから誰が相手でも負けるわけにはいかない。


【近藤洋介候補(52)希前】戸別補償を復活させる
近藤洋介候補
近藤洋介候補
 安倍1強政治を倒して、地域に力を取り戻す。1強政治は独り占めの社会をつくる。政治とは誰のためにあるのかを改めて心に刻み、訴えたい。山形には素晴らしい地域資源があふれている。アベノミクスが進めば人口は流出し、豊かな知恵も流れてしまう。

 農業の立て直しが第1だ。戸別所得補償制度を復活させる。第2に中小企業のものづくりを応援する。山形大工学部や工業高など高等教育に力を注ぎ、地方の企業から日本を元気にしたい。第3に子育て、教育への不安を解消し、暮らしに安心を取り戻す。まずは幼児、高校教育の無償化から始める。そして忘れてならないのが平和。憲法9条をしっかり守る。

 私はこの地域で育ててもらった。新しい国づくりを山形から始める。皆さんと安倍政権と戦い、倒し、東北からもう一つの日本をつくる。


【岩本康嗣候補(52)共新】内需を温め賃金上げる
岩本康嗣候補
岩本康嗣候補
 安倍政権を終わらせるチャンスが到来した。森友、加計学園問題に代表される国政の私物化、金持ちや大企業を優遇し、庶民に格差と貧困を押し付ける経済施策、安全保障関連法など憲法違反の悪法の成立といった暴走政治にきっぱりと審判を下そう。

 今回の選挙の大義について、安倍首相は消費税増税分の使途変更としているが、第2次安倍内閣以前の法人税水準に戻すだけで約2兆円を生み出すことができる。軍事費や公共事業の無駄遣いにもメスを入れ、増税中止を起爆剤に内需を直接温め、働く人の権利を守り、賃金も上げる。

 戦争への道は絶対に断ち切らなくてはならない。軍隊を持たないことを明記した憲法9条を書き換えれば、かつてのように戦争できる国になる。共産党は戦前から貫いてきた戦争反対の姿勢と9条を守り抜くため全力を尽くす。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から