県内ニュース

【2017衆院選】候補者の第一声(3区)

2017年10月11日 10:44
 衆院選が10日公示され、県内3小選挙区に出馬した10候補者は各地で第一声を上げ、政策や主義・主張を有権者に訴えかけた。(届け出順)

【城取良太候補(40)諸新】未来のため国防や減税
城取良太候補
城取良太候補
 幸福実現党は8年前から国難の到来を予見してきた。安全保障や経済分野で危機が深刻化する中での解散は、疑惑隠し、争点隠しだ。新党もしがらみに縛られており、既存政治を一掃する必要がある。

 喫緊の課題の一つは国防。上空を北朝鮮ミサイルが通過し、米朝の対立が激しくなる中、自民党のあいまいな憲法改正ではなく、自衛隊を国防軍に位置付ける必要がある。

 安い税金の実現も訴えたい。柱は消費税率の引き下げ。消費税増税で景気は一気に冷え込み、与党が進めてきたアベノミクスも失敗した。所得の低い家庭ほど負担が大きくなる消費税の減税を成し遂げる。

 日本は危急存亡のときを迎えている。有権者に未来をつくっていくための大きな決断をしてもらいたい。自分が新しい日本をつくる受け皿となり、命を懸けて戦い抜く。


【加藤鮎子候補(38)自前】地方創生ぶれずに前へ
加藤鮎子候補
加藤鮎子候補
 地方創生を前に進めるために必ず勝つ。これまで地域に根差した保守の立場で突っ走ってきた。地域のインフラ整備を進め、子どもを産み育てやすい環境を整えることが日本全体の元気につながる。お年寄りが生き生きと安心して暮らすことが、若い世代の希望につながる。農家の元気がまちを活性化させる。

 政権選択が問われている選挙だ。安定した自公政権が引き続き、この国を守り、地域を元気にしていく。地方創生をぶれずに進める。東京の一極集中に歯止めを掛ける。都市型の政党には負けていられない。今こそ地に足をつけた政治が必要であり、地域から地方創生を実現させる。

 みなさんの期待を胸に選挙戦を戦い抜く。必死に訴え、語り掛けていくので支援の輪を広げてほしい。県3区の代表として仕事がしたい。小選挙区で勝たせてほしい。


【加藤太一候補(66)共新】消費増税には頼らない
加藤太一候補
加藤太一候補
 消費税が8%に上がってから、家計消費はほぼマイナスだ。10%に引き上げれば、家計はますます厳しくなる。共産党は消費税増税に頼らず、大企業や富裕層からしっかりと納税してもらうことで、国民の暮らしを温めていく。

 初めて憲法改正が大きな争点になっている。憲法9条に「自衛隊」を書き込めば、(戦力不保持を定めた)2項が事実上、死文化する。自衛隊は米軍と一緒に地球上どこにでも出掛けていき、日本は戦争する国になる。憲法9条を何としても守ろう。

 最近、希望の党が設立された。小池百合子代表は元々、自民党で戦争法(安保関連法)などを推進した張本人だ。自民と希望が多数を占めれば、戦前の大政翼賛会のような政治もあり得る。この道は絶対に止めなければいけない。12日間、全力で頑張る。皆さんの支援を心から願う。


【阿部寿一候補(58)希元】コメ政策の転換直ちに
阿部寿一候補
阿部寿一候補
 2年10カ月、長かったがいよいよチャンス到来、決戦の時だ。今、この地域は急激な人口減少にさらされている。ここでしっかりとした手を打たなければ、生まれ育った美しい古里がどんどん衰退していく危機感でいっぱいだ。

 直ちにしなければならないのは、極めて遅れている高速道路の整備、国による生産調整廃止などを目前に展望を描けない農家のためのコメ政策の転換だ。若者の地元定着を促す雇用・子育て環境の改善、安心して住み続けられる福祉基盤の充実もだ。将来実施するのでは間に合わない。

 私はこの地域に生まれ、育てていただいた者として皆さんと古里を守る戦いに向かおうとしている。大都市・大企業を重視し、地方・農業者・生活者に温かい目線がない政治を続けさせていてはいけない。政治を私たちの手に取り戻さなければならない。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から