県内ニュース

新庄商議所考案の冬季観光が全国準V 雪を前面に多彩なコンテンツ

2017年10月12日 15:09
JR新庄駅近くで雪遊びが満喫できる「雪国ワンダーランド」も評価された=2月、新庄市・かむてん公園
JR新庄駅近くで雪遊びが満喫できる「雪国ワンダーランド」も評価された=2月、新庄市・かむてん公園
 新庄商工会議所(井上洋一郎会頭)の「雪を活用した冬季観光商品・観光コンテンツ開発」プロジェクトが、本年度の全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞で、準優勝に相当する「振興賞」に選出された。マイナスイメージのある雪を前面に出し多彩なコンテンツを考案した点が評価された。

 ユニークな観光振興に取り組む商議所を顕彰しようと日本商工会議所が2008年から主催。全国の商議所から応募があり、書類の1次、プレゼンテーションの2次審査を経て、受賞が決まった。

 同プロジェクトは、豪雪地帯を逆手に取り、最上地域の冬の誘客振興を図ろうと4年前から取り組んだ。JR新庄駅近くのかむてん公園を雪遊びのフィールドとし、スノーモービル、そり滑りが体験できる「雪国ワンダーランド」を開設。まちなかのレジャースポットとして定着している。

 また着地型旅行商品の普及にも力を入れ、除雪車の未明の作業を見学するツアーなどを昨年から実施。山形さくらんぼ鶏、とりもつ、馬ガッキといった冬に特化したご当地グルメの開発も評価された。

 井上会頭は「雪を資源と捉え、訪れた人に楽しんでもらうことに力を注いできた。活動が認められてうれしい」と話している。

 大賞はNHK大河ドラマ「真田丸」を生かした地域振興事業を展開した上田商工会議所(長野県)に、もう一つの振興賞は「星取県」のブランド構築に取り組んだ鳥取商工会議所(鳥取県)に決まった。11月10日に前橋市で表彰式が行われる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から