県内ニュース

さくらんぼマラソン、18年は6月3日開催 ゲスト4人、概要まとまる

2017年10月17日 21:49
PR
 東根市の「果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会」の第17回大会の開催概要が17日、まとまった。陸上自衛隊神町駐屯地を発着点に来年6月3日に開く。市制施行60周年を記念してゲストランナーを4人に増やし、メインのハーフマラソンは制限時間を10分延長して、より多くのランナーがゴールできるようにする。

 主催する市が17日の実行委員会で概要を示した。ハーフマラソンの制限時間は2時間50分に設定し、完走者を増やすことで満足度の向上に努める。

 ゲストは、元五輪男子マラソン代表で実業団のDeNAランニングクラブ総監督の瀬古利彦さんを招待する。プロランニングコーチの金哲彦さん、世界陸上女子マラソン銅メダリストの千葉真子さん、スポーツキャスターで長野五輪男子ノルディック複合代表の荻原次晴さんも前回大会に引き続き参加する。

 化粧室や授乳室、更衣室として活用できる女性専用テントを新たに設置し、女性ランナーのサービス向上を図る。仙台市内の女性を対象としたJR仙台駅発着のバスツアーを企画し、マラソン大会と併せて東根の魅力を売り込む。ゲストランナーの金さんによるランニングクリニックを組み入れたツアーも用意。千葉さんと荻原さんとのふれあいイベントも計画する。

 全体の定員は1万2千人で、内訳はハーフマラソンが6500人、10キロが3千人、5キロが1500人、3キロが千人(ファミリーの部を含む)となる。参加申し込みは来年2月1日から受け付ける。締め切りはインターネットが3月末、電話・ファクスが2月末。問い合わせは市ブランド戦略推進課0237(42)1111。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から