県内ニュース

ドローン無許可飛行、県内で初摘発 酒田の40代男性、航空法違反疑い

2017年10月21日 11:15
酒田署が押収したドローン(県警提供)
酒田署が押収したドローン(県警提供)
 夜間に小型無人機「ドローン」を国の許可なく遊佐町吹浦の西浜海水浴場で飛ばしたとして、酒田署は20日、酒田市に住む40代無職男性を航空法違反容疑で書類送検した。男性は今年7月に同海水浴場付近で開かれた遊佐町民花火大会を上空から撮影するためドローンを使用した。夜に飛ばす場合を含め、一定の条件下でドローンを飛ばす際は国土交通相の許可が必要なことを把握していたが「迫力ある映像を撮りたくて」と供述しているという。

夜間、花火大会を撮影
 同署などによると、2015年12月にドローンの飛行を規制する改正航空法が施行された後、同法違反容疑での摘発は県内で初となる。送検容疑は今年7月29日午後7時50分ごろから同8時ごろまでの間、西浜海水浴場の上空で、国交相の許可を受けずにドローンを飛ばした疑い。

 同署によると、ドローンはプロペラ4枚付きで高さ18センチ、長さ約40センチ、重さ約1.4キロ。警戒中の警察官が上空を飛んでいるドローンを見つけ、周辺でタブレット端末で操縦している男性に職務質問して容疑が分かった。

ドローンのコントローラー(県警提供)
ドローンのコントローラー(県警提供)
 改正航空法の対象となる機体は軽量のおもちゃなど重さ200グラム未満は含まれないが、ドローンなどの無人航空機について▽日の出から日没まで目視の範囲内で飛行する▽イベントなど人が集まる場所で飛ばさない―などと基本ルールを定めており、この規定外で飛行させる場合には国などに申請し、許可を得ることが必要となる。違反した場合、50万円以下の罰金が科される。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から