県内ニュース

【高校サッカー】羽黒-日大山形、あす決勝 全国選手権県大会

2017年10月27日 14:02
PR
 第96回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、山形新聞、山形放送など主催)は、28日午後1時から天童市のNDソフトスタジアム山形で決勝を行い、羽黒と日大山形が対戦する。羽黒は6年ぶり6度目、日大は2年ぶり14度目の栄冠を狙う。それぞれ持ち味を発揮して準決勝を勝ち上がっており、全国切符を懸けた好勝負が期待される。

 羽黒は県高校総体を制した山形中央を準決勝で破り、勢いに乗る。陣形は4―1―4―1を基本としながら状況に応じて4―4―2にシフトする。10番を背負うMF鈴木雅也が攻撃の要で、本街直樹監督が「ボールを大事につなぐ攻撃のチーム」と評するように、高い個人技を生かしたパスサッカーでゴールに迫る。

 主将のDF渡辺勇斗は過去5度の優勝を誇る強豪にあって、自分たちが「『史上最弱の代』と言われてきた」と語る。それだけに例年以上に向上心を持って練習に励み「他の学年と切磋琢磨(せっさたくま)して決勝の切符を勝ち取った。最後まで体を張って戦いたい」と意気込む。

 一方の日大は4―4―2が基本陣形。センターバックの平政信、蒲生隼斗を中心に守備のブロックをしっかりと構築した上で、素早く攻撃に転じるサッカーを繰り広げる。準決勝で2点を挙げたFW菅原侑哉、上野原大夢が攻撃の軸で、スピードのあるMF穂積諒人は精力的な走りでチームに勢いをもたらす。

 公式戦で羽黒との戦績は1勝1敗。主将の菅原は「羽黒はしっかりとつないでくるイメージ。勝つという強い気持ちを持って戦う」と語り、矢作直樹監督は「決勝は先取点が重要。羽黒の『個』の力にいかに粘り強く対応できるかがポイントになる」と展望する。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、25日配信!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から