県内ニュース

勝利目前、モンテ粘れず 愛媛と2-2で分ける

2017年10月30日 10:26
〈山形―愛媛〉後半25分、コーナーキックをキャッチして愛媛の猛攻をしのぐGK富居大樹(中央)=天童市・NDソフトスタジアム山形
〈山形―愛媛〉後半25分、コーナーキックをキャッチして愛媛の猛攻をしのぐGK富居大樹(中央)=天童市・NDソフトスタジアム山形
 サッカーJ2は第39節最終日の29日、各地で6試合を行った。モンテディオ山形は天童市のNDソフトスタジアム山形で愛媛と戦い、2―2で引き分けた。通算成績は12勝16分け11敗。勝ち点は52。順位(暫定)は前節から変わらず13位。J1昇格プレーオフ出場圏(6位)との勝ち点差は12となり、今季残り3試合を全勝しても届かないため、来季のJ1昇格の可能性はなくなった。

 山形は後半12分、左クロスをMF瀬沼優司が折り返し、走り込んだFW阪野豊史が右足で決めた。1分後にはMF汰木(ゆるき)康也がゴール中央やや左から右足でミドルシュートをたたき込んだ。しかし同16分に自陣で長短のパスをつながれて失点し、同ロスタイムにロングスローから同点ゴールを許した。

 第40節の11月5日はアウェーで大分と対戦する。

 この他、来季のJ1復帰を決めた湘南が岡山と1―1で引き分けて勝ち点81とし、3試合を残してJ2優勝を決めた。名古屋は群馬を4―2で下し、同69で3位に浮上。群馬は最下位が確定した。

 【評】山形はペースを握ったが勝利目前で踏ん張れなかった。連動したプレスと球際の頑張りで相手の効果的なパスを封じ、多彩な攻めで2得点したものの、二つの失点の時間帯が悪かった。リードした状況で攻守の重心があいまいな局面があり、試合の運び方に課題が残った。

【青炎】昇格も消え、2点リードから一転
 「5分」と表示された後半ロスタイム。既に4分が過ぎ、愛媛がGKも前線に上げてきた瀬戸際だった。ロングスローからのシュートが無情にも山形のゴールネットを揺らす。FW阪野豊史の豪快な先制ゴール、MF汰木(ゆるき)康也の見事なミドルシュートも、最後の最後で粘れず全てがかすんだ。

 愛媛戦開始前、他試合の結果でJ1昇格プレーオフ出場圏(6位)に届かないことが確定した。ただ相手はシーズン前半戦で敗れた愛媛。開始からイレブンの気迫が表に出た。狙いどころを定めたプレスで相手ボランチへのパスを遮断。苦し紛れの長いボールはDF菅沼駿哉らがことごとくはね返した。後半12分、阪野のゴールで均衡を破り、直後に汰木が追加点。最高の流れにも見えた。

 悔やまれるのは3分後の失点だ。効いていたプレスが緩み、空いた中盤からのパスで一気に崩された。木山隆之(たかし)監督は「一瞬、ほっとしてしまったのか、疲れもあったのか」と振り返る。阪野は追加点を狙いにプレスをかける自分と、後ろからの押し上げが連動していなかったのでは―と首をかしげる。

 ほぼゲームを支配し、失点後も立て直した。逸機が続いていた汰木が指揮官も満足するプレーを攻守で見せたのも収穫だろう。一方で「いいサッカーをしていても、勝つために状況に合わせたプレーができない。そういう雰囲気がある」と阪野は自戒を込める。来季は再びJ2で戦うことになった。残り3試合で現時点の課題を可能な限りつぶし、明るい材料を増やしたい。

ゲームを締められなかった
 木山隆之(たかし)監督の話 立ち上がりから理想の展開でしっかり点も取れたが、ゲームを締められなかった。後半ロスタイムの失点は(マークする)人をつかまえることができなかった。(2点目を決めた汰木については)チャンスメーク、得点など期待することを今季一番体現してくれた試合だった。

モンテ 選手ひと言
 ▽DF加賀健一 最後(ロスタイムの失点シーン)はみんな集中していたと思う。ただそれが足りなかった。

 ▽MF汰木康也(今季2ゴール目) 練習していたシュートが決まって本当にうれしかった。あそこでニアを打ち抜くのは新しい発見。守備でも貢献できたと思う。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から