県内ニュース

初出場でいきなり金賞♪ 合奏コンクール全国大会、鶴岡東高吹奏楽部が快挙

2017年11月11日 13:35
日本学校合奏コンクール全国大会グランドコンテストで鶴岡東高吹奏楽部が金賞に輝いた=千葉県文化会館(同校提供)
日本学校合奏コンクール全国大会グランドコンテストで鶴岡東高吹奏楽部が金賞に輝いた=千葉県文化会館(同校提供)
 鶴岡市の鶴岡東高吹奏楽部(庄司和希部長、部員36人)が、4日に千葉県文化会館で開かれた日本学校合奏コンクールの全国大会グランドコンテスト高校の部で金賞に輝いた。同コンクールへの出場は今回が初めてで、3年の庄司部長(17)は「現メンバーで演奏する最後の大舞台で、最高の評価を得ることができてうれしい」と笑顔で話した。

 同コンクールは日本学校合奏コンクール委員会が主催し、今年で6回目。国内で唯一の自由な楽器編成による合奏コンクールで、吹奏楽だけでなく管弦楽や弦楽などさまざまな編成の団体が出場する、いわば“異種格闘技戦”のような大会だ。

 全国大会グランドコンテスト高校の部には、予選を通過した鶴岡東高をはじめ全国の21校が出場し、鶴岡東高は保科洋の「復興」を披露。美しい鶴東サウンドをホールいっぱいに響かせ、金賞を獲得した7校の一つに入った。吹奏楽編成で出場した10校のうち金賞を受賞したのは、鶴岡東高だけだった。

 庄司部長は「今年3月から練習に励み、その成果を評価してもらえてよかった。聴く人を魅了する音楽を、これからも届けてほしい」と後輩にエールを送った。顧問の森木茂教諭(48)は「心に訴えかけるような、最高の演奏ができた。地域イベントでの演奏など忙しい中、努力を重ねた部員たちの頑張りをたたえたい」と話した。

 鶴岡東高吹奏楽部は今年、全日本吹奏楽コンクール東北大会の高校小編成の部で金賞を受賞。少人数編成の学校にとって全国大会に相当する東日本吹奏楽大会にも初めて出場し、銀賞を受賞した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から