県内ニュース

山辺に「天空の美術館」プレオープン 風景中心に11点展示

2017年11月17日 13:26
「イタリアの雰囲気を感じ、出会いの場にもなってほしい」と話す日本画家の高橋誠さん=山辺町大蕨
「イタリアの雰囲気を感じ、出会いの場にもなってほしい」と話す日本画家の高橋誠さん=山辺町大蕨
 日本画家高橋誠さん(43)=米沢市南原笹野町=の作品を展示する「天空の美術館」が山辺町大蕨にプレオープンした。ゲストハウスとして使われていた建物の離れ座敷に作品を飾っている。標高約520メートルの地に立つ15畳ほどの小さなスペースで日本画の魅力を紹介しており、高橋さんは「出会いの場となるような美術館にしたい」と話す。

 高橋さんの知人を通じて所有者からスペースを借り受け、先月中旬に開館した。玉虫沼を横目に、山形ゴルフ倶楽部へと続く坂道を上っていくと、「天空の美術館」と書かれた小さな看板と建物が現れる。天気が良ければ玉虫沼と山形市街地を一望できることから「天空」と名付けた。

 作品は定期的に入れ替える予定で、現在はイタリアの風景画を中心に11点が並ぶ。ひときわ大きい「風の日―ウルヴィーノ」(縦75センチ、横1.5メートル)は、世界遺産に登録されているイタリア中部のウルビーノ歴史地区にあるドゥカーレ宮殿を描いた。丘の上に立つ町並みの雰囲気が天空の美術館と重なり、展示を決めたという。他にもイタリアの古い町並みや春の上杉神社などが並ぶ。

 「気付けば絵を描いていた」という高橋さんは自然と画家の道を歩み始めた。高校卒業後、日本画の色彩の美しさに引かれて東北芸術工科大(山形市)日本画コースに入学。在学中に院展で初入選し、2003年から1年間、イタリアに留学した。国内外で個展を開いているほか、現在は米沢中央高のアートディレクターを務める。

 今年の展示は今月末までで、来年5月に本格オープンする予定。高橋さんは「作品からイタリアらしい青い空やまぶしい太陽を感じてほしい」と話している。

 鑑賞する場合は予約が必要となる。入場無料。問い合わせは高橋さん090(4315)9102。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から