県内ニュース

先生!幸せゲットしてね 新庄東高生が婚活イベント企画

2017年11月20日 12:28
「ピザ婚」の内容を話し合う最上町在住の生徒たちと、それを見守る高橋慶司教諭=新庄市・新庄東高
「ピザ婚」の内容を話し合う最上町在住の生徒たちと、それを見守る高橋慶司教諭=新庄市・新庄東高
 最上町在住の新庄東高(新庄市)1、2年生が、同町に住む学校教諭らを対象にした婚活イベントを企画し、来年1月の開催に向け準備を進めている。少子高齢化の町に元気を与えたいという願いも込める。「幸せをゲットしてもらえるように精いっぱいサポートする」と意欲満々だ。

 普通科Sコースの19人が実施する。同じ市町村に住む者同士で地域活性化プランを考えるという総合学習があり、そこで生まれたアイデア。高校生が先生の婚活をプロデュースする例は全国でも初めてではないかと学校でも注目の的だ。

 中心になって動く2年生中嶋あす香さん(16)、白根沢樹さん(17)、尾形直子さん(16)らによると、きっかけは、同じ最上町から通う同校の高橋慶司教諭(27)が「“結婚したいオーラ”を放って寂しそうにしていたから」。

 慕っている高橋教諭を「幸せにしてあげようよ」と盛り上がり、そこから婚活イベントへと話が発展。気が合い、カップルになる確率が高まる方法を考えた結果、参加資格を「同じ最上町に住んでいる、教諭、保育士、栄養士など教育・保育に携わる26~32歳の独身男女」とした。「まとまれば町の活性化にもつながるし、お世話になった町の人への恩返しにもなる」というのも企画した大きな理由だ。

 最上町も賛同し、地域おこし協力隊員で町婚活アドバイザーの阿部有希さん(38)が相談役に就いた。「個人情報は絶対守り、当日は笑顔を忘れず、参加者の成功をひたすら祈るのよ」と運営のポイントを伝授。子どもたちのユニークな地方創生イベントにエールを送る。今月は学校と保育施設を手分けして回り、参加への協力を呼び掛ける。

 イベント名は「ピザ婚」とした。町内某所で町食材たっぷりのピザや名物料理を味わいながら話をしてもらう計画で、生徒は黒子に徹し、全力でサポートする。

 高橋教諭は「まさか本当に実行に移すとは…」と行動力に感心する。「本番の作業はおまえたちに丸投げするぞ。先生は自分のことで必死だからな」と冗談交じりに話すと、「その代わり、絶対いい人見つけてね」と生徒たちが笑顔で返していた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から