県内ニュース

天童まち歩きに「KOMAP」 将棋駒にちなんだ施設・スポット紹介

2017年12月24日 21:32
将棋駒にこだわった地図「KOMAP」を紹介する武田寛子さん=天童市・天童商工会議所
将棋駒にこだわった地図「KOMAP」を紹介する武田寛子さん=天童市・天童商工会議所
 天童商工会議所観光部会(森谷智昭部会長)は、将棋駒にちなんだ施設・スポットを網羅したマップを発行した。名付けて「KOMAP(コマップ)」。「まちの至る所にある駒オブジェ巡りにどうぞ」とPRしている。

 JR天童駅に降り立った将棋ファンを将棋資料館、将棋交流室が出迎える。駅前から温泉街までの約1.5キロの歩道に埋め込まれた詰め将棋は19カ所。わくわくランドにも、永世七冠を達成した羽生善治さんら歴代名棋士が出題する15のモニュメントがある。

 将棋ブームが再燃した今年、こうした将棋スポット目当ての観光客からの問い合わせが旅館などに相次ぐようになった。天童市が13年前に手掛けた地図があるものの、街は様変わりした。同部会が中心になり、市観光物産協会、天童温泉協同組合などと共に、新たな要素も盛り込み復刻版を仕上げた。

 案内役はゆるキャラ「天童こま八」が務める。倉津川に架かる「王将橋」や「金将橋」、織田藩ゆかりの寺社、駒商店、20年前にはなかった足湯などを紹介しているほか、「歩橋からは駒の形をした魚巣が見える」「イオンモール天童の壁面の『馬・左馬』の文字は羽生棋士筆」といったうんちくを披露する。

 山形市のデザイナー武田寛子さん(44)がビジュアルを担当。天童は初めてという観光客にうってつけなのはもちろん「昔を知っているリピーターには時代の流れを感じてもらえるはずです」と話した。A3判で5千部作製。市観光情報センターや各旅館で受け取れるほか、市観光物産協会と天童商議所のホームページからダウンロードできる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から