県内ニュース

年内最後の2連戦で勝率5割へ ワイヴァンズ、きょう29日からホームで福島と

2017年12月29日 12:02
練習で外国人選手を指導する小関ライアン雄大ヘッドコーチ=南陽市民体育館
練習で外国人選手を指導する小関ライアン雄大ヘッドコーチ=南陽市民体育館
 バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは29、30の両日、南陽市民体育館で福島(東地区)と対戦する。前節を2連勝で終え、現在の戦績は12勝14敗。当面の目標としていた勝率5割復帰が懸かる年内最後の2連戦を迎える。

 山形は28日、試合会場で調整した。前節は東地区最下位の岩手に苦しめられる場面もあったが、アウェー初の同カード連勝をつかんだ。「対戦相手との相性もある。勝ってこそ反省もできた試合」と主将の佐藤正成(山形南高出)。今シーズンは開幕から出遅れたものの、白星を積み重ねて徐々に勝率を上げてきた。

 福島は現在、通算成績が16勝10敗で順位は2位。3位の山形は4ゲーム差で追う。今季はFE名古屋から身長216センチのソロモン・アラビを補強し、持ち味の攻撃力は、インサイドの強みが増した。東地区で唯一、平均得点が80点を上回る福島に対し、ジョセフ・クックエグゼクティブコーチは「日本人選手の3点シュートを第一に防ぎたい」と語った。

 今節を終えれば約3週間のリーグ中断期間を挟む。今季初の4連勝も懸かる一戦に向け、佐藤は「大きな意味を持つ試合。良い形で年内を終えたい」と気持ちを高めた。

勝利を導く分析力・小関ヘッドコーチ
 ジョセフ・クックエグゼクティブコーチによる新体制が始動して約半年。その中で、小関ライアン雄大ヘッドコーチは表には見えない部分でチームを支えている。「まだ経験は足りない分、直感を大事にしたい」。年内最後の試合を前に、選手の動きに鋭い視線を注ぐ。

 対戦相手の情報収集と戦力分析が大きな役割。石川裕一アシスタントコーチと連動しながら、戦い方の土台を組み立てる。特に守備面を担い、相手選手が発する決め言葉やサインをつかみ、そこから繰り出す攻撃のパターンを見極めていく。

 「試合は生きもの」。だから難しい。2週間前から分析に取り掛かるが、試合中に修正を求められることは頻繁にある。「選手ができていないのか、仕組みが悪いのか、瞬時に判断しなければいけない」。勝利に欠かせない仕事の責任を背負い、充実感がにじむ。

 米国生まれで、鹿児島県育ち。雪国での車の運転に大苦戦しているが、同じ状況で会場に来てくれるブースター(ファン)への感謝はさらに募る。「僕たちは勝つことで応えていきたい」。いつもは柔和な表情が引き締まった。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、25日配信!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から