県内ニュース

アマハゲで無病息災・遊佐 「いい子にします」叫ぶ子も

2018年01月03日 22:11
迫力満点のアマハゲに抱かれてこわがる子ども=遊佐町吹浦の女鹿集落
迫力満点のアマハゲに抱かれてこわがる子ども=遊佐町吹浦の女鹿集落
 遊佐町吹浦地区に伝わる正月行事「アマハゲ」が3日夜、女鹿集落で行われた。わらみの姿に鬼やおきなのお面をかぶった神の使いアマハゲが20世帯ほどを回り、無病息災を願った。同行事は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産登録を目指しており、今年秋に審査を控えている。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 地元の20~40代の男性5人がアマハゲにふんして「ホー、ホー」と奇声を発しながら家に入ると、その迫力に子どもたちは一様に恐怖の表情を浮かべた。抱え上げられて「いい子にします」と泣き叫んでいた吹浦保育園の高橋葉梛ちゃん(4)は「お母さんの言うことを1回で聞く」と誓った。

 アマハゲは子どもの怠け心を戒め、お年寄りの長寿を祈る伝統行事。国の指定重要無形民俗文化財で、吹浦地区の滝ノ浦、鳥崎集落でも継承されている。「遊佐の小正月行事」として、秋田県の「男鹿のナマハゲ」などと共に「来訪神 仮面・仮装の神々」でユネスコに登録申請し、今年11月ごろに可否が審査される。

関連写真

  • 迫力満点のアマハゲに抱かれてこわがる子ども=遊佐町吹浦の女鹿集落
  • 迫力満点のアマハゲに抱かれてこわがる子ども=遊佐町吹浦の女鹿集落

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から