県内ニュース

冬の庄内、食べて泊まって楽しもう スタンプラリーや「得旅」

2018年01月13日 11:35
北前船ゆかりの観光施設などを巡るスタンプラリーの応募台紙
北前船ゆかりの観光施設などを巡るスタンプラリーの応募台紙
酒田まちあるきスタンプラリー
 酒田市内の飲食店、宿泊施設を利用して観光施設などを巡ると景品が当たる「酒田まちあるきスタンプラリー」が同市で展開されている。今年は「日本遺産」に認定された北前船寄港地がテーマ。3月末まで毎月末の締め切りで計3回抽選し、各月60人の計180人に宿泊補助券や食事券などをプレゼントする。

 冬期間のにぎわい創出として市観光振興課が企画し4回目。市内のラーメン店やすし店、レストラン、日本料理店、ホテル、旅館など約70施設・店舗が参加している。

 市内で泊まるか飲食するかした上で、山居倉庫、旧鐙屋、本間家旧本邸、相馬樓(ろう)、山王くらぶといった「北前船ゆかりの地」など10カ所のうち4カ所を巡り、専用の台紙にスタンプを押す。応募箱は酒田駅観光案内所、山居倉庫、山王くらぶ、市役所1階の4カ所に設置しており、必要事項を書いて入れる。

 景品は宿泊補助券(5千円分)と飛島の物産品と観光ガイド券(千円分)のセットのほか、和食・洋食・すしの食事券(各5千円分)、麺類食事券2千円分などを準備している(使用期限は2月1日~7月末)。観光客だけなく市民も参加可能で、同課担当者は「あらためて観光施設に足を運び、地域の歴史や文化を見直すきっかけになれば」と期待を込めている。

 問い合わせは同課0234(26)5759。

遊佐町内の宿泊施設に1泊するともらえる特産品の一部
遊佐町内の宿泊施設に1泊するともらえる特産品の一部
遊佐の「冬の“得旅”」
 冬の遊佐町でお得に泊まろう―。同町内の宿泊施設利用者に2500円相当の特産品を贈る事業「冬の“得旅”」が昨年に引き続き人気だ。町産特別栽培米6キロや地酒2本など26種類から選べる多彩な品ぞろえ。3月15日までだが予定件数に達し次第、終了する。

 大半はカレーやお菓子など食品で、他に鳥海温泉遊楽里のお食事券や化粧品などがある。宿泊先は▽遊楽里▽酒田屋旅館▽鶴屋旅館▽丸登旅館▽民宿よしの▽しらい自然館―の6カ所。1室1人なら宿泊基本料金1泊7500円以上、2人以上なら1万1000円以上が条件となる。チェックイン時に申込書を受け取り、チェックアウトまでに提出する。1室当たり1件のみだが、期間中に複数回宿泊した場合は毎回申し込める。

 問い合わせは町企画課観光物産係0234(72)5886。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から