県内ニュース

【モンテ】輝け新戦力2018(4)

2018年01月28日 11:13
DF三鬼海
DF三鬼海
ビルドアップの起点に―DF三鬼海
 右サイドバックをメインとするDF三鬼海の最大の魅力は「意志あるパス」。指揮官が重要視する守備陣からボールをつなぐ「ビルドアップ」の起点になり、クロスの精度で勝負する。

 小学校時代から憧れていた名古屋の下部組織に入り、高校3年時の2011年に当時JFLの町田に加入した。移籍を経験しながら、ボールを簡単に失わない安定性、精度の高いパスを持ち味に各チームで存在感を示した。昨季はJ2熊本に在籍し、リーグ戦出場19試合のうち17試合はボランチでプレーした。DFとしても「左サイドも苦にしない」と語る万能性もある。

 サッカー選手として8年目を迎えるものの、J1を経験したチームに所属したことはなく、山形を選んだ理由もその一つだ。「良いサッカーをすると思っていた。そしてJ1の舞台に立ちたい」。木山隆之(たかし)監督が目指すサッカーと自身の特長が融合すると考えた。

 自分らしさは「目立ちすぎず、しぶとく輝けること」と表現する。チームの潤滑油となるような働きを誓い、自身とサポーターが待ち望むJ1の舞台に駆け上がる。

 みき・かい 三重県出身。名古屋の下部組織から2011年に町田に加入。その後は15年に長崎に移籍し、16年に再び町田でプレーした。昨季は熊本で19試合に出場。利き足は右。身長174センチ、体重69キロ。背番号は4。ポジションはDF。24歳。

MF小林成豪
MF小林成豪
成長の舞台「勝負の年」―MF小林成豪
 J1神戸から加わったMF小林成豪は、新加入組の中で唯一の期限付き移籍。成長の舞台を山形に求めた。切れ味鋭いドリブルを武器に、し烈な攻撃陣のポジション争いに食らい付く。

 神戸のジュニアユースからU―18(18歳以下)に進んだ。トップチームへの昇格の話もあったが、「今の力では通用しない。土台をつくろう」と判断し、大学で4年間鍛錬を積み、2016年に神戸に加入。リーグ戦は1年目に20試合1得点、2年目は13試合1得点を記録したが、特に2年目は90分間の出場時間を確保できず、「このままではあかん」と腹を決めた。

 木山隆之監督が神戸のコーチだった縁もある。今季の攻撃的なポジションは昨季までの主力も含め、厳しい競争が予想される。「勝負の年。活躍しないと後がない」と決意は固い。

 あえて得点数などの目標は決めていないが、ドリブルを交えた理想の形は感覚として身に付いている。「試合に出ることが一番。その上で得点に絡む」。人一倍の負けん気を内に秘める。

 こばやし・せいごう 兵庫県出身。神戸の下部組織から関西学院大に進学し、2016年に神戸に加入した。昨シーズンはリーグ戦13試合で1得点。利き足は右。身長176センチ、体重65キロ。背番号は16。ポジションはMF。24歳。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から