県内ニュース

「日本中を沸かせたい!」 平昌五輪代表・スノボ斯波が決意

2018年02月05日 22:37
五輪へ抱負を語る斯波正樹選手(左、RIZAP・山形南高出)と、全日本スキー連盟の岡崎靖スノーボード部長(左から2人目)=県庁
五輪へ抱負を語る斯波正樹選手(左、RIZAP・山形南高出)と、全日本スキー連盟の岡崎靖スノーボード部長(左から2人目)=県庁
 平昌冬季五輪に初出場するスノーボード男子パラレル大回転の斯波正樹選手(RIZAP・山形南高出)が5日、県庁などを訪問し、「日本中が沸く結果を出したい。最高の準備をする」などと決意を語った。

 斯波選手は五輪で監督を務める全日本スキー連盟の岡崎靖スノーボード部長(県スキー連盟理事)、県スキー連盟の冨田政利会長と共に県庁を訪れ、吉村美栄子知事らと懇談した。

 ジュニア時代から注目され、日本トップクラスに成長した斯波選手。前回までの五輪2大会は出場を逃した。「いいときも悪いときもあり、選手をやめたいと思ったこともあった。続けてきて良かった」と出場の喜びを語った。

 今季ワールドカップは自己最高6位に入るなど充実している。培った技術や体力に加え、精神面の強化が結果につながったと分析し、「体のケアやトレーニングを継続し、良い心の状態で本番に臨む。表彰台の一番高い所で一番輝くメダルを見せたい」と意気込んだ。

 山形市出身で蔵王温泉スキー場で育っただけに、蔵王山の噴火警報による風評被害の話題になると表情を引き締め、「表彰台に上がれば注目される。そこで蔵王をPRしたい」と、古里への恩返しを熱く誓った。この日は母校の山形南高で激励会に出席したほか、山形市役所も訪問した。

 スノーボード男子パラレル大回転は22日に予選、24日に決勝が行われる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から