県内ニュース

小松さん(真室川)のコシヒカリ、最高米認定 東京の東洋ライス「金芽米」、夏ごろ販売

2018年02月08日 15:53
世界最高米の認定書を受け取った小松栄富さん=1月25日、東京都
世界最高米の認定書を受け取った小松栄富さん=1月25日、東京都
 第19回米・食味分析鑑定コンクール国際大会(昨年11月、真室川町)で最高賞に輝いた小松栄富さん(61)=同町大沢=のコシヒカリが、コメの総合メーカー東洋ライス(東京)の世界最高米に認定された。大会よりさらに厳しい基準をクリアし、通常の約8倍の価格で買い取られて同社独自の精米を施した「金芽米」として販売される。

 世界最高米は同社がコメの価値向上を目指して3年前に始めた認定事業。同大会のメインとなる国際総合部門で最高賞の金賞を受賞したコメのうち、味度計での鑑定や食味審査を経て同社の基準をクリアしたものが世界最高米として認定、販売される。

 今年は金賞受賞者18人のうち、小松さんを含む6人が認定を受けた。いずれもコシヒカリで、通常の約8倍の1キロ1900円で買い取られた。半年間熟成させた後に、ぬか層とでんぷん層の間にあり、うま味成分が多いとされる亜糊粉(あこふん)層を残して独自精米した金芽米となる。

 世界最高米は「最も高価なお米」としてギネス世界記録にも認定されている。今年は840グラム(6合分)を1万800円で夏ごろに発売予定。同社と三越日本橋本店のインターネット通販で扱うほか、首都圏を中心とした高級料亭や海外でも取引されるという。

 先月25日に東京で行われた認定式に出席した小松さんは「地元の大会で受賞できただけでなく、世界最高米にも認定されて盆と正月が一緒に来たようだ」と顔をほころばせた。認定を受けた昨年のコメを作る際、有機資材を取り入れて土作りを行い、水の管理も徹底したという。その努力は今回だけにとどめない。「認定者の中には20代の若者もいた。負けずに次回以降も連続受賞、認定を目指したい」と抱負を語った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から