県内ニュース

肘折、観測史上最多の積雪416センチ

2018年02月12日 21:08
除雪をする住民。自宅前には雪の壁がそびえる=12日午後2時37分、大蔵村南山
除雪をする住民。自宅前には雪の壁がそびえる=12日午後2時37分、大蔵村南山
 12日の県内は強い冬型の気圧配置の影響で内陸部を中心に大雪となった。山形地方気象台によると大蔵村肘折の同日午後5時までの24時間降雪量は95センチを記録、同時刻現在の積雪量は同地点で観測史上1位の416センチに達した。肘折のこれまでの最深積雪は2013年2月25日に観測した414センチ。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 12日午後5時現在、全国の観測地点の中で積雪4メートルを超えたのは肘折のみ。全国の過去の最深積雪データ(気象庁)をみると、現在も観測を実施している場所の中で肘折の416センチは酸ケ湯(青森)566センチ、守門(すもん=新潟)463センチに次いで津南(つなん=新潟)416センチと並び3番目に多い。

 肘折の積雪が4メートルを超えたのは2013年2月以来5年ぶり。加藤正美村長は「外国人旅行者も訪れており、厄介者の雪を最大限生かしていきたい」とする一方「今シーズンは村内で除雪中の死亡事故が発生した。事故防止の徹底を呼び掛けていきたい」と語った。

関連写真

  • 寒河江市内でも11日夜から断続的に雪が降り、12日明け方から雪片付けに追われる市民の姿があちらこちらで見られた=12日午前6時55分、寒河江市七日町
  • 寒河江市内でも11日夜から断続的に雪が降り続け、12日明け方から雪片付けに追われる市民の姿があちらこちらで見られた=12日午前6時53分、寒河江市七日町
  • 間口に積もった雪を除雪する作業員=12日午前10時39分、真室川町下金沢町
  • 断続的に雪が降り続く中で除雪をする作業員=12日午前10時41分、新庄市下金沢町
  • 屋根からベランダに落とした雪を除雪する作業員=12日午前11時10分、新庄市下金沢町
  • 一晩で腰の高さまで積もった雪を除雪する市民=12日午前10時52分、新庄市下金沢町

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から