県内ニュース

里山の「カラス」に「鷹」 山形・最終処分場で日中実験

2018年02月17日 15:37
カラスが群れをなして飛来する市上野最終処分場=山形市蔵王上野
カラスが群れをなして飛来する市上野最終処分場=山形市蔵王上野
 鷹を使って集団化するカラスを追い払おうと、山形市は16日、同市蔵王上野で2日間の実証実験を始めた。夕方から夜にかけ市中心部で同様の実験を3度行ってきたが日中の里山では初めて。行動パターンを検証し効果的な撃退法を探る。

 同地域には市上野最終処分場があり、カラスの群れが飛来する。ここ数年で数は増え、数百羽が確認されることもあるといい、住民からは「気味が悪い」「何とかしてほしい」と市に相談が寄せられている。

 市の要請を受けた鷹匠(たかじょう)の菊地誠一さん(57)=福島県只見町・菊地農園社長、一ノ瀬宏幸さん(34)=同県郡山市・会社員=が協力。雌のハリスホーク(2歳)1羽を処分場に放ち、周辺に追いやった。その後も攻め手を緩めず、ウズラの肉にカラスの羽を付けた疑似餌を鷹に食べさせたり、襲われたカラスの鳴き声をスピーカーで流したりと、視覚と聴覚から恐怖心を植え付けようと試みた。

 この日の実験を終えた菊地さんは「単発では効果は薄く、繰り返すことで実効性が上がる。17日はカラスを捕食させ、安全な場所でないことを認識させたい」と話した。市環境課の担当者は「夜間と違い、鷹を投入してもカラスがパニックにならず余裕があった。反応を分析し効果を検証したい」とした。

鷹匠の左腕を飛び立つ鷹のハリスホーク
鷹匠の左腕を飛び立つ鷹のハリスホーク

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から