県内ニュース

上野発「とれいゆ」貸し切りツアー 海外含む500人が山形に

2018年02月18日 10:07
PR
 国内外でテーマ型ツアーを手掛ける「クラブツーリズム」(東京)は3月の4日間、足湯付きリゾート列車「とれいゆつばさ」を貸し切り、首都圏発の特別区間で運行するツアーを行う。約500人の参加者のうち、半分は東南アジアを中心とした海外客の見込み。県などでつくる関係団体もおもてなしに協力し、インバウンド(海外からの旅行)拡大を図る。

 JR東日本や東北観光推進機構の協力を得て実施。とれいゆつばさは通常、福島―新庄間で運行しているが、今回は3月5、6、8、9日に上野駅から観光客を乗せて山形駅まで走らせる。参加者は山形駅到着後、山形市の蔵王温泉へ。クラブツーリズムが主体となって企画したイベントで、スノーハイキングや夜の樹氷鑑賞などを楽しむ計画。同社の担当者は「山形は日本酒などもキラーコンテンツになる。今後も山形を盛り上げられるような取り組みをしたい」と話す。

 こうした動きを県や観光団体でつくる「やまがた観光キャンペーン推進協議会」も歓迎。とれいゆつばさの車内で県産酒を振る舞うほか、山形駅到着時には「やまがた愛の武将隊」が出迎えるおもてなしを計画している。同協議会事務局の県観光立県推進課では「特に3月は県内の観光客が落ち込むだけにとてもいいタイミングでのツアー。参加者にはとれいゆつばさを通じて山形の魅力を満喫してもらいたい。協議会としては四季を通じた観光PRにも力を入れたい」と意気込んでいる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から