県内ニュース

米沢の酒造「浜田」が事業譲渡 兵庫の会社に社名や商標は存続

2018年03月09日 16:52
PR
 清酒「沖正宗」で知られる米沢市の老舗酒造会社「浜田」が、ワイナリーや宿泊施設の運営を手掛けるレゾンディレクション(兵庫県尼崎市、清川浩志社長)に事業譲渡したことが8日、分かった。社名や沖正宗の商標などは存続し、全従業員13人の雇用も継続する。

 レゾン社が浜田の全株式を取得し、経営権を持った。譲渡は2月28日付で譲渡額は約1億8千万円。新社長には清川社長が就任し、前社長の浜田淳氏は顧問となった。浜田氏は「売り上げが伸び悩み、経営が厳しくなる中、従業員の雇用と長年受け継いできた沖正宗のブランドを守るため、譲渡を決めた」と話している。

 浜田は1866(慶応2)年に創業。主力の沖正宗は全国的に知られ、清酒の年間出荷量は1970(昭和45)年ごろのピーク時で東北有数の約4千キロリットルの規模を誇った。73年にはワイン事業に参入。4.2ヘクタールのブドウ畑を所有し、「モンサンワイン」の自社ブランドを手掛ける。一方、清酒市場の縮小により、販売拡大は難航。出荷量はピーク時の10分の1ほどに落ち込み、2016年には大口の取引が終了するなど、厳しい経営状況となっていた。

 レゾン社は尼崎市の不動産賃貸業・清川建設が前身。13年に日本最古のワイナリーとされる山梨県の「まるき葡萄(ぶどう)酒」を買収し、ワイン事業に参入した。全国で自社ワインを提供するレストランや宿泊施設なども運営している。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から