県内ニュース

森友文書改ざん、募る疑念と憤り 県民の声

2018年03月13日 09:37
PR
 学校法人「森友学園」への国有地売却問題が表面化して約1年が経過する中で浮上した財務省による決裁文書の改ざん。安倍晋三首相が「丁寧な説明」を続けるとしてきたにもかかわらず、新たに発覚した問題に、県民は疑念を募らせ「責任者がしっかり説明して」「徹底解明を」と要望する。

 山形市七日町3丁目、無職村中秀雄さん(69)は「『やっと文書の書き換えを認めたか』というのが率直な感想で、政府に対する不信感がより一層募った。財務省の体制をどう立て直していくのか、責任者がきちんと説明してほしい。現状では納得できない」

 鶴岡市大東町、自営業金内広さん(58)は「公的な行政文書の改ざんは、絶対にあってはならないこと。誰が何のために書き換えたのかが全く分からず、納得がいかない。麻生太郎財務相は、組織のトップとして説明責任を果たさなければならない」

 山形市あかねケ丘3丁目、主婦佐藤良子さん(77)は「やっぱり何か隠れていたか、という印象だ。佐川宣寿氏や安倍昭恵総理夫人は潔白だというなら国会で証明すべきだ。国民が一生懸命納めた税金なので、責任者がけじめをしっかりつけてほしい」

 新庄市萩野、団体職員山本周平さん(28)は「誰がどんな意図で書き換えたのか明らかにしなければいけない。公文書の偽造は犯罪にならないのだろうか。安倍晋三首相にも説明責任があると思うし、国税庁長官を辞任した佐川宣寿氏も追及されるべきだ」

 長井市宮、団体職員佐藤敬子さん(58)は「事態が込み入っていてよく分からない部分もあるが、学校(森友学園)に入ろうとしていた子どもや保護者が気の毒だ。責任の所在をはっきりさせ、謝罪するべきだ。関係者の真摯(しんし)な対応を望む」

 遊佐町北目、介護ヘルパー今野保子さん(45)は、自殺した財務省近畿財務局の職員や組織の在り方に触れながら「いつも弱い立場の人が犠牲になる。まずは白黒をはっきりさせてほしい。責任のあるトップが、しっかり見解を示す必要がある」

 寒河江市柴橋、団体職員安食由衣子さん(25)は「決裁文書を書き換えるなんてありえない。財務省は普段からこういうことをしているのではないかと疑ってしまう。麻生太郎財務相の責任は重いが、官僚の意識が変わらない限り、省の体質はそのままだと思う」

 米沢市万世町片子、自営業川井誠さん(29)は「加計(かけ)問題や自衛隊の日報問題でも存在しないはずの文書が次々と見つかっており、政府の隠蔽(いんぺい)体質が問われている。関係者の辞任で幕引きさせることなく、誰がどう指示したのか徹底解明してほしい」

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から