県内ニュース

「米沢藩上杉砲術」指定 米沢市無形文化財、2団体が伝承

2018年03月14日 12:43
米沢上杉まつり川中島合戦で発砲演武する米沢藩古式砲術保存会
米沢上杉まつり川中島合戦で発砲演武する米沢藩古式砲術保存会
 米沢市教育委員会は、「米沢藩上杉砲術」を市無形民俗文化財に指定することを決めた。15日に告示する。市指定文化財は計58件となる。

 米沢藩上杉砲術は江戸時代に実際に使用されていた大筒の火縄銃を用いた武芸で、米沢藩古式砲術保存会(宮坂直樹会長)と上杉砲術隊(伊藤利雄隊長)の2団体が伝承している。

 両団体とも立ち射(う)ちや這(は)い射ち、一斉射撃など米沢藩以来の実戦的な様式を踏襲し、米沢上杉まつりをはじめ、全国各地の行事やイベントで発砲演武を披露。「上杉の雷筒(らいづつ)」と形容される迫力とごう音で多くの観客を魅了するとともに、米沢藩の火縄銃と砲術の歴史を広く伝えている。

米沢上杉まつり武禘(ぶてい)式で発砲演武する上杉砲術隊(いずれも米沢市教育委員会提供)
米沢上杉まつり武禘(ぶてい)式で発砲演武する上杉砲術隊(いずれも米沢市教育委員会提供)
 両団体の前身になった砲術隊の設立は1961(昭和36)年と、全国に数多くある砲術隊の中でも最も古く、日本の火縄銃・砲術の歴史を知る上でも重要であると評価された。諮問していた市文化財保護審議会(白石信也会長)からの答申を受け、指定を決めた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から