県内ニュース

県人事異動、創生展開へ機構改革 情報開示や移住定住対策

2018年03月20日 14:48
 県は、2018年度に向けた人事異動の内示に合わせて19日、機構改革の概要を公表した。吉村美栄子知事は実質的な3期目初年度となった17年度に向け、16年度末に近年では大規模な組織改編を実行。小規模となった今回の機構改革を「定着、継続、連携」と表現する。積極的な情報開示と移住定住対策、交流人口拡大などの課題解決に向けた施策を展開し、地方創生の具現化を目指す機構改革となった。

 「自然と文明が調和した新理想郷山形」を将来ビジョンに、計画期間(17~20年度)の重点施策の方向性を示す短期アクションプランに基づく組織の見直し。やまがた創生の展開を強化する目的で▽県政の見える化と戦略的な広報の推進▽ふるさと山形への移住・定住の促進▽美食や美酒を生かした観光誘客と文化芸術拠点の整備▽女性活躍の促進▽健康長寿と障害者活躍の推進―の各視点が盛り込まれた。

 県政の透明性向上、戦略的な広報など情報公開・発信に関する全庁的な改革を推進する「改革推進監」を総務部次長兼務で新設。県民との相互理解、信頼関係を築く目的で、現在の広報推進課を「広報広聴推進課」に改編する。市町村と連携して若者らの人口流出を抑制し、移住定住に結び付ける「地域活力創造室」を市町村課に整備する。

 大型観光キャンペーンを通じた交流人口拡大を視野に、本県の食や酒などを観光資源につなげる「美食・美酒ツーリズム推進室」を観光立県推進課に新設。県総合文化芸術館(新県民文化施設)の19年度末開館(予定)を見据え、県民文化スポーツ課内の山形駅西口拠点施設整備推進室を「県総合文化芸術館整備推進室」に改組する。

 女性活躍の視点では、待機児童解消やひとり親支援、ワーク・ライフ・バランスの推進など、個々の能力を発揮できる環境づくりを進めるため、子育て推進部次長兼務の「女性活躍推進監」を設置。婦人相談所を「女性相談センター」に改称する。

 「人生100年時代」での県民総活躍を目指し、現在の健康長寿推進課と健康づくりプロジェクト推進室を改編。「健康づくり推進課」と「長寿社会政策課」を置き、健康寿命の延伸、高齢者と家族の安心した暮らしを支える。また、共生社会を実現するため、障がい福祉課に「障がい者活躍推進主幹」を新設する。

女性幹部12.4%、1.3ポイントアップ
 2018年度に向けた人事作業の基本方針の一つが、女性の積極的な登用と活躍機会の拡大。吉村美栄子知事が今回、総合支庁長に初めて女性を起用するなどの人事を行い、知事部局の課長級以上に占める女性の割合は17年度から1.3ポイント上昇し、12.4%と過去最高を更新した。

女性の活躍機会拡大など人事異動方針を説明する吉村美栄子知事=県庁
女性の活躍機会拡大など人事異動方針を説明する吉村美栄子知事=県庁
 県の行動計画は、女性管理職(課長級以上)の割合を20年度までに15%と設定している。18年度の知事部局の女性幹部職員数は52人で、17年度より5人増。内訳は部長級2人、次長級4人、課長級46人。部長級は観光文化スポーツ部長と村山総合支庁長に、次長級は環境エネルギー部次長と子育て推進部女性活躍推進監兼次長、庄内総合支庁保健福祉環境部長、労働委員会事務局長に配置。係長級以上の役付き職員の女性割合は1ポイント上がり、25.1%となった。

 この日の記者会見で吉村知事は、村山総合支庁長に飛塚典子子育て推進部長を起用した理由について「本庁の部長を経験しており、管内の市町と連携して地域の発展に取り組んでほしい」と述べ、山形市の中核市移行や待機児童解消などでの手腕発揮に期待を込めた。新ポストの女性活躍推進監に関しては「部局間に横ぐしを刺し、男性も女性も活躍できる環境づくりに取り組んでもらう」とし、企業内の女性リーダー育成、農林水産分野への女性進出を促進する考えを示した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から