県内ニュース

6000体の雛人形並ぶ 村山で「段々ロングな雛まつり」開幕

2018年03月20日 19:17
約6千体もの雛人形が全長50メートルの雛壇に並ぶ「段々ロングな雛まつり」が始まった=村山市・甑葉プラザ
約6千体もの雛人形が全長50メートルの雛壇に並ぶ「段々ロングな雛まつり」が始まった=村山市・甑葉プラザ
 全長50メートルの雛壇に約6千体の雛人形が並ぶ村山市恒例の「段々ロングな雛まつり」が20日、同市の甑葉プラザで始まり、さまざまな雛人形が訪れた人を楽しませている。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 コの字型に設置した7段の雛壇に、全国から寄贈された人形や市内の保育園、児童センターの子どもたちが手作りした雛が並ぶ。昭和中期から平成にかけて制作された比較的新しい人形が多いが、年代によって異なる着物の色や柄、顔立ちの違いから流行の移り変わりを感じることができる。

 オープニングセレモニーでは、市ひなまつり実行委員会の田中正信会長、志布隆夫市長、長南誠市議会議長が「花が咲いたよう。市民みんなで春の訪れを喜びたい」などとあいさつ、市のキャラクター「ムララ」とテープカットして開幕を祝った。市内の保育園児が和太鼓演奏や歌などを披露して花を添えた。展示を毎年楽しみにしている市民も多く、初日から多くの人が訪れ、きらびやかな人形に目を細めていた。

約6千体もの雛人形が全長50メートルの雛壇に並び、市民らが見入った=村山市・甑葉プラザ
約6千体もの雛人形が全長50メートルの雛壇に並び、市民らが見入った=村山市・甑葉プラザ
 村山市のひなまつり事業のメーンイベントとして、2004年に始まり、雛壇の長さ、人形の数は当初と比べ約3倍になった。同プラザの徳内広場で「ひな市」、近くの商店などを回ってスタンプを集める抽選会も繰り広げられている。それぞれ25日まで。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、25日配信!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から