県内ニュース

選抜高校野球、きょう23日開幕 日大山形、25日に智弁学園(奈良)と対戦

2018年03月23日 10:09
健闘を誓う日大山形の荒木準也監督(左)と智弁学園の小坂将商監督=甲子園球場
健闘を誓う日大山形の荒木準也監督(左)と智弁学園の小坂将商監督=甲子園球場
 第90回選抜高校野球大会は23日、甲子園球場で開幕し、出場36校による13日間(準々決勝翌日の休養日を含む)の熱戦が始まる。開会式は午前9時から行われる。

 本県の日大山形は大会第3日の25日、2回戦で智弁学園(奈良)と対戦する。日大の荒木準也監督と智弁の小坂将商監督に22日、抱負などを聞いた。

■両チーム監督に聞く
―相手チームの印象は。
 荒木 優勝経験がある有名校。今年のチームの詳しい分析はこれからだが、打線の強化に力を入れていると感じる。

 小坂 昨夏の大会に出場し、その舞台を経験した選手も残っている。経験者がいるだけで違う。強いチームだと思うのでしっかりと攻めたい。

―警戒する選手は。
 荒木 当然、全員を警戒しなければならないが、昨秋の段階で挙げれば1番(左向澪)、2番(坂下翔馬)に気を付けたい。

 小坂 3番の斎藤(史弥)君。打線の軸となるバッターだと見ている。

―チームで鍵を握る選手は。
 荒木 ピッチャーを中心に取れるアウトを確実に取ることを重視しており、調子を見て先発を試合前日までに決める。継投になるのではないかと思う。マウンドに上がった投手にはしっかりと自分の球を投げてほしい。

 小坂 昨年の選抜を経験した4番の岡野(龍太)がどれだけ機能するかだ。先発を経験した選手は岡野だけ。力を出し切ってほしい。

―理想とする試合展開は。
 荒木 まずは点を取るよりも取られないことを重視する。そう簡単に三振を取らせてくれる打線ではない。四死球を出さないことも重要だ。

 小坂 余計なミスをしないように気を付け、接戦に持ち込みたい。無駄なプレーに付け込まれ、打たれるのが一番雰囲気が悪くなる。

―初戦への意気込みを。
 荒木 甲子園の雰囲気を一人一人が自分のものにするような形に持っていきたい。山形で屋外練習がほとんどできなかった分、(大阪入り後に)やれることを全てやってきた。初戦にベストを尽くす。

 小坂 残り3日間、しっかりと調整する。余計なけがをしないように気を付けたい。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から