県内ニュース

モンテ、愛媛に2-0で快勝 順位は14位に

2018年04月08日 20:32
〈愛媛―山形〉後半40分、山形の中山仁斗(右)がシュートを決め喜ぶ=松山市・ニンジニアスタジアム
〈愛媛―山形〉後半40分、山形の中山仁斗(右)がシュートを決め喜ぶ=松山市・ニンジニアスタジアム
 サッカーJ2は第8節最終日の8日、各地で7試合が行われた。モンテディオ山形は松山市のニンジニアスタジアムで愛媛と対戦し、2-0で快勝した。5試合ぶりの勝利となり、通算成績は2勝3分け3敗。順位は五つ上げて14位とした。

 山形はMF本田拓也が今季初先発した。前半5分にMF北川柊斗がゴール右隅にシュートを決め、1-0で折り返した。後半は好機が少なかったものの、40分にカウンター攻撃からFW中山仁斗が得点を挙げた。愛媛のMF神谷優太(山形市出身)はフル出場した。

 次節は15日、天童市のNDソフトスタジアム山形で20位の京都と戦う。

 【評】山形は守備が安定し、今季初の完封勝利を収めた。前線からのプレスでパスコースを限定。中盤の球際でMF本田らが激しく当たり、攻撃の形をつくらせなかった。攻めはFW阪野にロングボールを集めて基点とし、前半5分にMF北川が先発起用に応えた。試合を通じ攻守の切り替えの早さで上回り、後半40分の追加点につなげた。

チームのベース取り戻せた
 木山隆之(たかし)監督の話 勝ち点を取ることが最重要課題だった中、選手たちがよく頑張ってくれた。課題を挙げれば尽きないが、難しい状態で失点しなかったことも良かった。少し前進したと思う。走る、局面で負けないといったことがチームのベースであり、それを取り戻せたことは大きかった。質を上げていくことが、レベルアップのためには大切になる。

関連写真

  • 〈愛媛―山形〉後半40分、山形のFW中山仁斗がシュート決め、2―0とする=松山市・ニンジニアスタジアム
  • 〈愛媛―山形〉後半40分、追加点を奪って喜ぶ山形のFW中山仁斗(39)ら=松山市・ニンジニアスタジアム

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、25日配信!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から