県内ニュース

ワイヴァンズ、突き放して快勝

2018年04月16日 09:47
〈山形―青森〉第4クオ―ター、速攻からゴールを決める山形の藤岡昂希=天童市・県総合運動公園アリーナ
〈山形―青森〉第4クオ―ター、速攻からゴールを決める山形の藤岡昂希=天童市・県総合運動公園アリーナ
 バスケットボール男子のBリーグ2部は第28節第2日の15日、各地で9試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで青森(同地区)と対戦し、94―75で勝利した。通算成績は23勝30敗で、順位は変わらず3位。

 山形は山本柊輔、中島良史、佐藤正成(山形南高出)、小島佑太、ビリー・マクシェパードが先発した。山形は第2クオーター(Q)までの前半を34―36で折り返し、ウィル・クリークモアの3点シュートなどを契機に第3Qで3点リードを奪った。第4Qは激しい守備からクリークモア、クリストファー・オリビエ、藤岡昂希らが得点を重ね、青森を突き放した。

 オリビエが27得点、クリークモアが21得点11リバウンド、佐藤が12得点だった。1880人が観戦した。

 次節は21、22の両日、同会場で広島(西地区)と戦う。

 【評】山形は3点シュートに対する守備を修正し、青森に快勝した。高い位置からプレスを仕掛ける守りが攻撃を活性化させた。ボールに対する集中力も高く、試合を通じたオフェンスリバウンド数は19を記録した。

【マッチアップ】激しく守り、攻め活性化
 100点ゲームで大敗を喫した前日から一転。山形は気持ちのこもった守備を足掛かりに、分厚い攻撃につなげて19点差で青森に快勝した。小関ライアン雄大ヘッドコーチ(HC)は「40分間、ハードなディフェンスを継続してくれた」と選手をたたえた。

 前日の敗因となった3点シュートへの対応を重視した。「点を取りに行く前に、ディフェンスの強化を図った」と小関HC。守備に強みを持つ山本柊輔、小島佑太の2人を先発に起用し、機動力を生かした激しい守りで相手の攻撃の芽を摘んだ。

 積極的な守りは攻めのリズムを生んだ。真骨頂は55―52で迎えた第4Qだった。ゴール下で存在感を示してきた相手外国人を複数人による囲い込みで封じ、何度も速攻を仕掛けてリードを広げた。勝利を決定付ける速攻、そして豪快なダンクシュートと連続得点を挙げた藤岡昂希は「ふがいない試合が続いていただけに、自分の役割が果たせてうれしい」と感慨に浸った。

 これまで出番が少なかったメンバーを先発させるなど、柔軟な選手起用が光った。「(さまざまな選手に)チャンスが生まれるのはいいこと」と主将の佐藤正成(山形南高出)。小関HCは「残り少ない試合をチーム一丸となって戦い抜く」と気を引き締めた。

会場が勝利後押し
 小関ライアン雄大ヘッドコーチの話 (前日の敗因となった)ディフェンスを厳しくする意識を全員が共有したことで勝つことができた。会場が一体となってチームを後押しし、勝利に導いてくれた。残り少ない試合を全力で頑張りたい。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、25日配信!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から