県内ニュース

「1学級1新聞」商標登録へ ロゴマークも作成

2018年04月17日 09:53
PR
 山形新聞社は、地方創生をテーマに提唱する「1学級1新聞」について、特許庁に用語の商標登録を申請し査定をクリアした。取り組みに対する社会的信用性が認定されたことになり、今後はオリジナルのロゴマークも作成する計画。マークは本紙紙面で活用するなどして事業の“見える化”を強化し、若い世代が新聞に触れる意義をアピールする。

 1学級1新聞は、小中高校のクラスに新聞を届ける取り組みで、2016年度にスタートした。「大学版」として東北芸術工科大でも導入されている。古里や国内外の情報が詰まった新聞を児童生徒、学生がいつでも手に取れる環境整備を進めることにより、郷土愛の醸成や学力向上、教育格差の解消を図ることを目的としている。学校現場で着実に浸透してきたことを踏まえ、昨年7月に商標登録を出願した。今年3月に登録査定を受け、現在は最終的な手続きを進めている。

 オリジナルのロゴマークは、新聞に親しむ児童生徒たちの様子を伝える紙面に使用するなどして取り組みの普及をさらに進める。各学校に提供した新聞ラックに貼ることも想定しており、新聞に親しんでもらいながら事業の重要性を発信する。

 1学級1新聞については本年度、17年度を1町上回る34市町村で実施されている。山形新聞社OBの故鈴木正氏の篤志で設立された「鈴木基金」を活用し、趣旨に賛同する県内企業の協力を得ながら、県内14の全私立高校に新聞を届けている。加えて本年度は「実業高版」として、専門学科を設置している12の公立高校でも取り組みを開始した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から